殺人インフルエンザと言われているA型のH3N2の予防や対策にマヌカハニーが効果的なのでしょうか。

 

オーストラリアで猛威を振るっているH3N2の殺人インフルエンザですが、今年は日本でも大流行する可能性が高いそうです。

 

そこで重症化しやすい人の特徴と、どのように対処するのが良いのかを簡単に紹介したいと思いますので、参考にどうぞ。

 

殺人インフルエンザのH3N2が日本でも流行する可能性が高い

 

殺人インフルエンザとも呼ばれるH3N2ですが、今年は南半球のオーストラリアで猛威を振るっており、21万人以上が感染し、546人もの死者が出ている状態。

 

これは例年のオーストラリアでのインフルエンザの死者の8倍以上という報告もあり、まさに致死率の高いインフルエンザが流行していることがわかります。

 

さらに恐ろしいのは、例年の傾向でいえば、南半球で流行したインフルエンザはその半年後に日本でも流行することが多いということ。

 

つまり、今年は日本でも殺人インフルエンザのH3N2が流行する可能性があるんです。

 

しかもこのH3N2はA型のインフルエンザで、今まさに日本でインフルエンザワクチンが不足しているのがこのA型の培養が遅れたから。

 

殺人インフルエンザは免疫力の弱い人に感染しやすい。

 

そんな殺人インフルエンザのH3H3N2でも特に重症化しやすいのが、免疫力や抵抗力の弱い人。

 

実際に5〜9歳の子供、80歳以上の高齢者、妊婦さんに重傷者が多く、死傷者にも同様の傾向があることがわかっていますので、当てはまる人は特に注意が必要です。

 

しかも現在のところ国内のインフルエンザワクチンが不足し、必要量の10分の1とか言われている状態ですので、早め早めの予防接種や対策が必要だということ。

 

殺人インフルエンザは特に感染後48時間の初期対応が重要だと言われており、この間にどのような対応ができるのかによって、重症化を予防できたりします。

 

だからもしあなたやご家族が、38度以上の高熱が出たり、異常な倦怠感を感じた場合には、早めに医療機関を診療したり、対処することが必要。

 

殺人インフルエンザの予防や対策にマヌカハニーが役立つ?

 

殺人インフルエンザのH3N2は免疫力が低い人に感染者や重傷者が多いことがわかっていますので、免疫力を積極的に向上させる事で感染予防ができるでしょう。

 

そこでおすすめしたいのがマヌカハニーの免疫力向上効果。

 

マヌカハニーは非常に優れた整腸作用があることで、NK細胞を強化し、体内全体の免疫力を大幅に改善することができます。

 

さらにマヌカハニーの殺菌作用であるメチルグリオキサールには、インフルエンザウイルスを殺菌できる抗菌作用もありますので、そういった意味でも役立ちます。

 

マヌカハニーがインフルエンザに効果的なのは、様々な研究機関でも確認されていることですので、これをうまく活用するとよいでしょう。

 

実際に多くの人がマヌカハニーを冬場の体調管理に活用していますので、殺人インフルエンザに対しても、早めの摂取が役立つと思いますよ。

 

ただどんなマヌカハニーでも良いということではなく、医療効果のあるもので高品質なものを選ぶべきですので、このあたりは私の紹介しているおすすめ商品を活用すると良いでしょう。

 

マヌカハニー人気ランキング!ハチミツと違う効果や効能が凄いんです

 

マヌカハニーは本当にインフルエンザの予防や対策に効果的ですので、A型のH3N2のインフルエンザにも役立つ効果が期待できると思いますよ。