成長期の食事で、身長を伸ばすために積極的に摂取すべき大切な栄養素と、制限すべき栄養素にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

実際に骨の成長に重要な栄養素を紹介しますので、お子さんの成長に悩んでいるお母さんは、ぜひご確認ください。

 

普段の食事で制限すべき食べ物を知ることも、成長期の子供の成長に役立つ効果が期待できますので、知っておきましょう。

 

成長期の食事で摂取すべき身長を伸ばす栄養素とは?

 

成長期の子供の身体が成長するためには、普段の食事で様々な種類の栄養素を対象に摂取すべき必要がありますが、その中でも最も大切なのがタンパク質。

 

タンパク質は成長期の子供の骨を伸ばしたり、臓器や筋肉、血管や皮膚などを作るための基本的な栄養素。

 

だからタンパク質の摂取量が不足している子供の場合には、骨をしっかり伸ばすことができず、将来的に低身長で悩むことに。

 

ただ骨を構成する栄養素は、タンパク質だけではなく、カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・ビタミンKも大切です。

 

特に伸びた骨を強化するカルシウムは、その吸収率も低く、日本人は慢性的に不足しがちな栄養度のために、食事でも意識的に摂取すべきもの。

 

これらを基本として、普段の食事で栄養バランスを考えてしっかりと食事量も考えてあげることが基本です。

 

成長期の食事でインスタント食品や冷凍食品などの加工食品は控える!

 

逆に成長期の食事で控えるべき食事内容としては、

 

  • インスタント食品
  • 冷凍食品
  • 加工食品
  • スナック菓子
  • 炭酸飲料
  • スイーツ

 

これらは脂肪分やカロリーが豊富で、成長期の食事で摂取すべき栄養素は加工の過程でほぼ消失し、トランス脂肪酸やリン酸塩なども豊富に含まれているもの。

 

脂肪分やカロリーだけの食事を食べていても、上記で説明したよな成長に必要な栄養素を摂取することはできません。

 

さらにリン酸塩の過剰摂取は、骨内に吸収したカルシウムを体外に排出してしまう作用もあり、吸収率の低いカルシウムがどんどん流出する結果に。

 

その結果、骨がもろくなったり、将来的な骨粗しょう症のリスクを拡大させたり、様々なデメリットが起こる可能性が高まります。

 

成長期は食事量も大事だけど、肥満体型になると身長が伸びにくくなる

 

成長期の子供にとって、普段の食事からどれだけ大量の栄養素を摂取するのかは、非常に大切なことですが、食事量が増え過ぎたり、食事の質が悪化することはマイナス要因。

 

特に肥満体型になるほど食事量が増えてしまうと、脂肪細胞を原料に性ホルモンが大量に分泌され、早熟傾向を強め、成長期の訪れと成長期の終わりを早くしてしまいます。

 

そこに運動不足が加わることで、骨の骨端線への刺激が減少し、子供は身長をうまく伸ばすことができなくなる可能性も。

 

そういった傾向も考えられるので、成長期の食事では質をしっかり考えてあげること、食事量を増やすのではなく、不足する分は身長サプリメント等で補ってあげることも大切。

 

身長サプリメントには、成長期の食事で補いきれない豊富な栄養素を効率的に摂取できるものもあるので、選ぶ際にはそういった商品にしましょう。

 

では実際にどのような商品を選べばよいのか?その理由も含めて、成長期の子供に必要な情報をまとめた記事がありますので、ぜひ読んでみてください

 

身長を伸ばすサプリメント比較ランキング。子供の背が伸びるのは?

 

子供の身長は成長期までしか伸ばすことができませんので、しっかりと食事内容を考えて、効率的な栄養摂取を目指しましょう。