飲む日焼け止めサプリメントのヘリオケアに配合されている成分には、副作用があるという噂がありますが、実際にはどうなのでしょうか?

 

アメリカで話題のヘリオケアなので、紫外線対策効果が高いことが期待できますし、アマゾンでも手軽に購入できる種類の飲む日焼け止めサプリメント。

 

実際にヘリオケアの成分が何なのか?本当にヘリオケアで副作用が起こるのか、気になる疑問を徹底検証します。

 

飲む日焼け止めサプリメントのヘリオケアの主成分とその副作用とは?

出典:https://item.rakuten.co.jp/

飲む日焼け止めサプリメントのヘリオケアと言えば、アメリカでも話題の商品。

 

UV照射試験時の皮膚反応で、ヘリオケアを服用している肌は服用していない肌に比べて、紅斑が少ないことから、その効果が実証されているもの。

 

アメリカで主に販売されている商品なので、日本で飲む日焼け止めサプリメントが解禁される前からも、個人輸入で愛用していた人が多かった印象があります。

 

ヘリオケアは、紫外線を浴びる30分前に1カプセルを飲めば良いと言うもので、紫外線を長時間浴びる際には、4時間毎に1カプセルを追加する商品。

 

1カプセルのヘリオケアの持続時間は、4〜6時間ほどだと言われています。

 

そんなヘリオケアの主成分は、シダ植物のPLエキスであるフェーンブロックで、これが副作用が起こる原因成分。

 

シダ植物はアレルギー性が高くて、発疹や花粉症などのアレルギー症状を悪化させる可能性もありますし、将来的なアレルギーを生むきっかけになることも。

 

ヘリオケアの使用感や実際の紫外線対策効果とは?

 

ヘリオケアはPLエキス配合のために、アレルギーの悪化要因になりますが、もうひとつ日本人女性にとっては、悩ましい問題があります。

 

それがひとつひとつの粒の大きさ。

 

さすがに子供のように喉に詰まらせるようなことはありませんが、アメリカ人向けのサイズなので、粒かかなり大きいんです

 

だから本当にヘリオケアは飲みにくいですし、ひとつひとつの粒の色が鮮やかなので、どんな着色料を使用しているのか、すごく不安に。

 

実際にヘリオケアを手にとって見るとわかりますが、あえてヘリオケアのような商品を飲む必要はなく、国産の飲む日焼け止めサプリメントを選んだ方が良いでしょう。

 

ヘリオケアと同じPLエキス配合の商品であれば、noUV(ノーブ)がありますが、もっと副作用が起こりにくい安全な飲む日焼け止めサプリメントも多数販売されています。

 

2017年におすすめの飲む日焼け止めサプリメントはヘリオケアではない!

 

2016年までの飲む日焼け止めサプリメントが解禁されていない日本であれば、ヘリオケアが一番の選択肢だったかもしれません。

 

しかし、日本でも飲む日焼け止めサプリメントの解禁後、様々な商品が販売され、あなたの好みに合わせて、商品選びを行うことができるようになりました。

 

  • ホワイトヴェール
  • ホワイタス
  • ホワイトショット
  • やかないサプリ
  • 雪肌ドロップ
  • インナーパラソル
  • サンタンブロック

 

などなど・・・本当に多くの飲む日焼け止めサプリメントが発売されていますが、私がおすすめしたいのは、メディパラソル。

 

メディパラソルとは、悠悠館という日本人向けの美容系サプリメントを販売している会社の商品で、MBP(地中海産植物性ポリフェノール)を主成分にしたもの。

 

ニュートロックスサンよりも多くの紫外線対策成分を配合し、より安価で飲み続けることができる飲む日焼け止めサプリメントの決定版。

 

通常の飲む日焼け止めサプリメントよりも半額〜6割程度の価格帯なので、しっかり飲み続けることができる商品です。

 

実際に私も去年の秋冬から飲んでいて、その効果を実感している本当に良い飲む日焼け止めサプリメントですよ。

 

飲む日焼け止めサプリメントランキング、紫外線対策の人気商品は?

 

実際にメディパラソルのレビューや感想、その他のおすすめの飲む日焼け止めサプリメントの商品、効果的な飲み方などをまとめた記事がありますので、ぜひ読んでみてください。