最近は、小学生や中学生の子供でも、ムダ毛や脱毛に関する意識が高くなり、子供専用のエステサロンもあるほどになっています。

しかし小学生や中学生のうちから、エステサロンに行かせるのも抵抗がありますし、コスト的な面や安全面の不安もあるでしょう。

そこで子供でも安全にできる脱毛方法や脱毛に関する情報などをまとめて紹介しますので、お子さんの状況を見ながら、年齢や成長に合わせた脱毛方法を実践してあげましょう。

子供を取り巻く脱毛事情はあなたが思っているよりも進んでいる。

ここ数年、キッズモデルが人気なこともあり、子供向けの雑誌の特集でも脱毛やムダ毛に関する情報が掲載されていたりと、私たちが子供の頃とは状況が変わりつつあります。

特にムダ毛の問題が表面化するのは、半袖や薄着になることが増える夏にかけてのタイミング。

この時期に、学校で行われるプールの授業は、ムダ毛を気にしている子供にとっては、地獄のような時間。

毛深い事が原因で、クラスでイジメの対象になったり、からかわれたりすることも多く、子供でも大人同様にコンプレックスを感じてしまう場合も。

自分に置き換えると分かることも、まだまだ子供だから・・・と安易に考えていると、後々取り返しのつかないことになることもあるので、できるだけ気にかけてあげたいところ。

特に小学校3年生以降になると、徐々に産毛が濃くなり、ムダ毛が気になったり、脱毛したいと考えるようになったりし始めます。

特に最近は、小さなうちからスマホやタブレット端末でネット状にある様々な情報を知ることができるので、間違った情報をみて自分でムダ毛対策を始めることも考えられます。

間違ったムダ毛対策は、余計に毛深くしてしまったり、コンプレックスを深くしたり、肌にダメージを及ぼす可能性もあるので、本当に注意が必要です。

自分自身の幼少期を考えると、子供がムダ毛や脱毛を意識することも分かるのではないでしょうか。

だから大人になってからとか、もう少し大きくなったらとか誤魔化さずに、しっかりと向き合ってあげることが大切。

すでにキッズ脱毛が当たり前の時代になっていることを理解して、少しでも肌に影響のない方法や、本人にあったケア方法を実践できるようにしてあげましょう。

子供に脱毛をさせる際に譲れないポイントとは?

 

子供に脱毛をさせる際には、幾つかの条件があると思います。

最も多くの人が気にするのが、コスト面と痛みに関する部分ではないでしょうか。

特に過去にサロン脱毛を行なった経験がある人なら、痛みを感じたり、一時的に肌にダメージが残ったりするトラブルにあったことがある人もいるでしょう。

さらにここ数年は安くなったものの、コスト面でかなり経済的な負担が大きかった人もいるでしょう。

でもママとして子供に脱毛をさせる際に譲れないポイントって、他にもあると思います。

  • 肌を傷めずに、健康被害等が起こらない脱毛方法
  • 脱毛する際に手間や時間がかかりすぎない脱毛方法
  • 将来的に毛深くなったりしにくい脱毛方法

最低でも、この3つのポイントは考えてあげたいですよね?

いくらお金がかからない脱毛方法だからと言って、毛抜きで抜くとか埋没毛の原因にもなりますし、肌トラブルの可能性もあります。

さらに子供が苦労する脱毛方法だと、余計に精神的なストレスを抱えてしまう可能性も。

脱毛とかムダ毛とか、かなり子供にとっては、センシティブな内容ですし、ネガティブな部分なので、簡単でストレスの無い方法を選んであげることも大切ですよ。

小学生や中学生の子供が脱毛をする際に知っておくべきポイントは?

キッズ脱毛が一般的になりつつあるとはいえ、まだまだ小学生や中学生のお子さんの脱毛に積極的な親御さんが少ないのも現状です。

その理由のひとつに、小学生や中学生の子供が脱毛をする際に知っておくべきことがあるから。

それは子供の脱毛には、個人差が多いということ。

子供の年齢によって、成長ホルモンや女性ホルモンの影響を強く受けるので、特にまだ初潮を迎えていない女の子の場合、効果が出にくいと言われています。

だからこの時期に、キッズエステなどで永久脱毛を行なってもほぼ無意味。

女の子の場合には初潮が始まると、卵巣の中で女性ホルモンが分泌されるようになり、その影響でメラニンの生成が促進されます。

そして全身の産毛も普通の毛のように太くなったり、濃くなったりしますので、キッズエステや脱毛器での脱毛効果が高まるのは、それ以降の話。

しかし初潮を迎える前の子供でも、毛が目立つ状態ならキッズエステや家庭用脱毛器での脱毛効果を実感できる可能性も。

ただしここで理解しておかなければならないのは、子供の皮膚は大人よりも薄くダメージを受けやすく、敏感であるということ。

だからキッズエステや家庭用脱毛器で、出力を高くしてしまうと火傷や炎症などの原因になることもあるので、以前は子供の脱毛は敬遠されてきました。

小学生や中学生の子供の脱毛方法の種類と注意点は?

では実際にどのような脱毛方法が、小学生や中学生の子供向けにあるのかを紹介しますので、その方法や特徴、注意点と一緒に確認していきましょう。

子供でムダ毛に対する不満や不安は大人と一緒ですので、しっかり本人の意志も尊重して脱毛方法を決定してあげるようにしましょう。

大人の肌と子供の肌、大人のムダ毛と子供のムダ毛の違いを理解することも大切ですよ。

安易なカミソリでのムダ毛処理は肌トラブルの原因に!

小学生や中学生の子供が最もやってしまいがちなのが、浴室に置いてあるカミソリでの自己処理。

大人はしっかりボディーソープや石鹸で肌との摩擦を軽減したり、肌の上を滑らせる力加減がわかっているので、ケガをすることもあまりありませんよね。

子供の場合、何も考えずにやってしまったり、力加減を間違えて角質層まで削ってしまうなど、肌トラブルの原因に。

さらに清潔に処理していない浴室に置きっぱなしのカミソリを使って処理すると、それが原因で雑菌が入り込んだり、炎症を引き起こしたりと大変なことになります。

子供の場合、そういった状況でも黙っていることもありますので、自己処理はさせないようにしましょう。

カミソリを使って自宅で脱毛をするなら、入浴中ではなくお風呂上がりの肌がきれいな状態で、ちゃんとシェービングクリームを使ってあげることが基本。

カミソリを使うのはママの役目で、脱毛後はすぐに保湿ケアを徹底してあげましょう

大人のよりも毛サイクルがゆっくりなので、毎日処理するのではなく、数日に一度や週に1回などの頻度が基本。

カミソリで処理することで、毛が濃くなることはありませんが、切断面が大きくなるので太く、濃く見えることだけは最初に理解しておきましょう。

電気シェーバーで脱毛するなら、顔用のダメージの少ないものを選ぶ

カミソリよりも安全に脱毛する方法は、家庭用の電気シェーバーを使って脱毛すること。

その際にボディー用ではなく、よりダメージの少ない顔用の電気シェーバーを選んであげるようにしましょう。

顔用の電気シェーバーの場合、一度に処理できる部分が少ないですが、肌にダメージを残さないというメリットがあります。

キッズエステなどの脱毛サロンでも、処理する際には顔用の電気シェーバーを使用するのは、最もダメージが少ないから。

ただダメージの少ない電気シェーバーでも、保湿ケアは怠らないようにしましょう。

家庭用脱毛器で脱毛するなら、安全に長く使えるものを選ぶ!

出典:https://xn--rckyc9e.com/

最近は家庭用脱毛器もかなり進化しており、安全性も高まっていたり、小学校高学年や中学生なら、自分で使えるような安全性の高い商品も発売されています。

しかも家庭用脱毛器が1台あれば、子供だけではなく大人でも男女問わずに使用できたり、1台購入することで家族全員のムダ毛処理ができるというメリットも。

中長期でずっと脱毛が必要だという家庭には、家庭用脱毛器という選択もありです。

実際に我が家にも、ケノンという家庭用脱毛器がありますが非常に効果的で、使い勝手の良い商品。

ただお子さんが小学校中学年や低学年ということであれば、ひとりでは絶対に使わせないようにしてください。

冷却を怠ったり、保湿ケアを怠ったりすると、家庭用脱毛器でも出力が強いので、肌にダメージを抱えてしまう原因になることも。

男の子でも家庭用脱毛器なら、しっかり納得できる脱毛ができますので、おすすめかも。

ただホクロの部分や、日焼けしている肌には家庭用脱毛器では肌にダメージを与えてしまうこともあるので、要注意です。

大人がしっかり近くにいたり、万が一のこともあるので、見える場所で脱毛させたり、大人がしてあげるようにしましょう。

長く使えるおすすめの家庭用脱毛器は、ケノン

家庭用脱毛器で最もコスパがよく、小学生や中学生の子供の脱毛実績があるのが、私も愛用しているケノンです。

娘はまだまだ小さいので、家庭用脱毛器のケノンを使って脱毛していませんが、将来的にはケノンでしっかり脱毛してあげようと思っています。

だって私のムダ毛が良い感じに減っているから。

それとケノンは、レベルが10段階に分かれているので最初はレベル1から行うようにしてくださいね。

>>家庭用脱毛器のケノンの詳細な情報はこちら

私が娘に行なっている脱毛方法は、抑毛ローションでの安全な脱毛です。

最もおすすめできるのが、抑毛ジェルや抑毛ローションを使用した脱毛です。

これは最も肌に負担がなく、使い続けることで徐々に毛周期が伸びていき、ムダ毛が気にならない時期が長くなるという方法。

抑毛ローションを肌に塗るだけで、徐々にムダ毛が薄くなっていきますので、小さな子供の脱毛にも向いています。

抑毛ローションのメリットは、全く痛みがなく肌を傷つけるリスクがないということ。

子供の脱毛に抑毛ローションを使用する人の中には、3歳位の子供の口周りのムダ毛に使用している人もいるほどなんです。

抑毛ローションのデメリットは、即効性が低く、すでに生えている毛の永久脱毛はできないということ。

あくまでも使い続けることで、毛周期が長くなり、毛が生えている時期が短くなるという方法です。

特に天然由来成分を配合している商品を選ぶと、お子さんの肌に与える影響も少なく、美容成分が含まれていることもあるので、非常におすすめかも。

おすすめの抑毛ローションは、NEWコントロールジェルME

出典:https://www.fepisode.jp/

私が娘に使用している抑毛ローションは、NEWコントロールジェルMEという商品。

これはドラッグストアや薬局で購入することができない商品ですが、発売から22年で合計66万本もの販売実績のある商品。

実は私も子供の頃にNEWコントロールジェルMEのリニューアル前の商品を使用していたので、母に聞いてNEWコントロールジェルMEを娘にも使用することに。

我が家では、親子3代でフラワーエピソードの抑毛ローションのお世話になっています。

これまでに8回もリニューアルを行い、大手脱毛サロンでも使用されている商品なので、その効果も実証済み。

お風呂上がりに1分で、子供のムダ毛処理が終わるというのも、家事の忙しい合間にできる脱毛方法なので、非常に良い感じです。

天然由来成分を主原料にしていますので、小さなお子さんの肌ダメージも気にする事なく、使用し続けることができますし、日焼けしている状態でも使えるので、今の時期におすすめかも。

とろみのあるローションなので、お子さんに塗る際に無駄に垂れてしまうということもありませんし、肌のすべすべ感もこれを使っているとアップしますよ。

しかもカミソリで剃らない状態でも使えるので、NEWコントロールジェルMEは本当に子供の弱い肌に向いている脱毛方法ですよ。



>>NEWコントロールジェルMEの詳細を今すぐにチェックする!

小学生や中学生のキッズ脱毛は、今や常識になりつつありますし、ムダ毛があることで、子供がいじめの対処になることもある、本当に悩ましい問題です。

それを最もお子さんの肌ダメージが少なく改善できるのが、NEWコントロールジェルMEの良いところ。

少し大きな子供であれば、長い目でケノンのような家庭用脱毛器を購入してもよいですが、小さな内は、抑毛ローションや抑毛ジェルを使う方が安全で安心です。

子供のムダ毛に対する悩みは本当に深刻なものですし、自分ではどうすることもできないものなので、お母さんが主体になって考えてあげてくださいね。