身長を7センチ伸ばす簡単な方法を知りたいという人も多いと思いますが、実は自分で身長を伸ばす期間を決めることは不可能ではないんです。

 

でもその事を知らないと、知らぬ間に成長期を迎え、終わってしまい非常に残念な現実に直面します。

 

では実際にどんな方法を実践すれば良いのか?魔法のような方法ではありませんが、誰でも簡単に実践できる方法です。

 

成長期に身長を年間7センチ伸ばすのは難しい話ではない。

 

成長期に子供の身長が伸びるのは、年間6センチ〜7センチ、なかには年間10センチも身長が伸びる子供もいます。

 

だから実は成長期に身長を7センチ伸ばすのは難しい話ではありません。

 

それともうひとつお伝えするなら、日本人とアメリカ人の身長差は男性で7センチです。

 

その理由を簡単に説明すると、日本人とアメリカ人では、男の子の精通の年齢が1年半程違い、アメリカ人の方が遅いんです。

 

実は日本人は早熟型。だからアメリカ人のよりも早く第二次性徴期を迎え、大人の身体に変化することに。

 

ここから逆算すると、実は誰でも簡単に身長を7センチは伸ばすことが可能です。

 

成長期を1年遅らせると最終身長が大き変わる結果に。

 

すごく簡単な話ですよね?

 

成長期が後ろにずれることで、その間に身長を1年分伸ばすことができ、成長期が実際に遅いアメリカ人は日本人よりも7センチも身長が高い。

 

だからあなたがお子さんの身長を伸ばしたかったら、早熟にならないような生活習慣で過ごせば良いんです。

 

早熟を防ぐ生活習慣とは、早寝早起きをして朝陽を毎日しっかり浴びて、メラトニンの分泌を促進します。

 

メラトニンは性ホルモンの分泌を抑制する効果があり、性成熟を遅らせることに。

 

さらに肥満体型になると体脂肪が増え、その脂肪を原材料に性ホルモンが生成されるので、肥満体型にならないように注意する。

 

身体を昼間にしっかり動かせば、夜は疲れて眠ることができるので一石二鳥です。

 

そして高タンパク質低脂肪の食生活で過ごせば、身体の中では身長が伸びるメカニズムがしっかり作用することに。

 

ただこの問題点は、すでに成長期になっていれば実践してもそこまで効果的ではないということ。

 

あくまでも小学校入学前や低学年のうちに生活習慣を改めて、早熟化を予防することが基本ですので、すでに成長期になっている場合には、残された時間でより効率的に身長を伸ばす方法を実践することが必要です。

 

成長期にしっかり身長を伸ばすためには、睡眠と栄養を改善する

 

すでに成長期に突入しているのであれば、言い換えると身長が伸びる時間はあまり残されていないということ。

 

だから成長期が終わり、骨端線が閉じてしまうまでの残された時間の中で、身長が伸びる最大限の努力を行う必要があるということです。

 

その為に直ぐにできる改善方法が、睡眠と栄養面のサポート。

 

睡眠直後の3時間に2回訪れる、成長ホルモンの分泌のピークをしっかり活用するためにも、真っ暗で静かな部屋でしっかり睡眠を取ること。

 

さらに言えば、寝具などにもこだわり日々の疲労をしっかり改善できる様な睡眠環境を用意しましょう。

 

そして栄養面では、高タンパク質低脂肪が基本。

 

インスタント食品や冷凍食品、ジャンクフードやスナック菓子、スイーツや炭酸飲料などはあまり口にしないようにし、食材から家で調理したものを食べるようにしましょう。

 

ただ普段の食生活をどれだけ改善しても、成長期の身体の成長に必要な全ての栄養素を摂取することができないんです。

 

だからこの成長期のタイミングでしっかり身長を伸ばすためには、身長サプリメントで栄養面のサポートを行ってあげることが大切。

 

でも実際に成長期の子供に効果的な身長サプリメントは、本当に僅かな商品しかないのを知っていますか?

 

それは身長サプリメントで、実際に摂取できる栄養素を確認すれば簡単にわかります。

 

成長期の子供に本当に効果的な身長サプリメントを紹介している記事がありますので、ぜひ読んでみてください。

 

身長を伸ばすサプリメント比較ランキング。子供の背が伸びるのは?

 

天然成分のタンパク質を豊富に摂取できる、本当におすすめで役に立つ身長サプリメントの情報を紹介していますので、ぜひあなたのお子さんの成長に役立ててください。