モリンガは植物の中でも、世界一豊富な栄養素や栄養価を摂取できる植物だと話題になっています。

 

実際にモリンガを摂取することで、どのような栄養素や成分を摂取することができるのか、数値データで紹介します。

 

豊富な栄養素や栄養価の高さが、モリンガの効果や効能を実感できる理由ですので、しっかり理解しましょう。

 

世界一、豊富な栄養素や成分を摂取できるのがモリンガの特徴!

 

モリンガを生活に取り入れるべき理由のひとつに、現在までに発見されている野菜や植物で、世界一栄養価の高い植物であるという点があります。

 

実際に健康に不可欠と言われている90種類以上の栄養素と、300以上の効果や効能があることがわかっており、これがモリンガを進める理由。

 

やはり普段の食事で、どれだけ豊富な栄養素を効率的に摂取できるのか?ということは非常に大切なことです。

 

それだけ豊富な栄養素を含有しているモリンガには、奇跡の木や生命の木、薬箱の木など・・・様々な呼び名があり、古来から怪我や病気の改善に役立てられていました。

 

では実際にどのような栄養成分を摂取できるのか?モリンガの含有量とその他の食材との比較データを含め紹介します。

 

モリンガで摂取できる特徴的な栄養成分とは?

 

モリンガに含まれている特徴的な栄養成分とその含有量を紹介すると、

 

  • ギャバ:発芽玄米の30倍
  • ビタミンA:ホウレンソウの13倍
  • ビタミンB1:豚肉の4倍
  • ビタミンB2:いわしの50倍
  • ビタミンC:オレンジの7倍
  • ポリフェノール:春菊の21倍
  • マグネシウム:卵の36倍
  • カリウム:バナナの3倍
  • カルシウム:牛乳の20倍
  • 鉄分:ほうれん草の31倍
  • アミノ酸:18種類

 

これだけ豊富な栄養素を含有しているモリンガだからこそ、世界一の植物だと考えられているわけです。

 

これだけ豊富な栄養素を摂取でき、栄養価が高い植物はモリンガ以外にはないのが実情。

 

だからこそ、モリンガを普段の食事や生活に取り入れることで、様々な健康促進効果や美容効果を実感できるのが、よくわかると思います。

 

モリンガのギャバは、ストレス解消やデトックスに役立つ

 

豊富な栄養価が人気のモリンガですが、特におすすめなのはモリンガが持つギャバの効果。

 

ギャバと言えば、発芽玄米が有名ですが、先ほども説明したように発芽玄米の30倍ものギャバを摂取できるのがモリンガの特徴。

 

ギャバとはアミノ酸の一種で、正式名称はγ-アミノ酪酸。

 

ギャバには、脳内の血流を促進して酸素の供給量を増やし、脳細胞の代謝を高める作用があるだけではありません。

 

脳内で抑制系の神経伝達物質として作用し、アドレナリンやドーパミンなど興奮系の神経伝達物質の過剰な分泌を抑制することで、脳の効率が高まり、ストレスやイライラを解消する効果が。

 

さらに肝臓や腎臓の作用を活性化することで、高血圧予防やデトックス効果を高めることにも繋がります。

 

肝臓や腎臓の動きが活性化されることで、血中の脂肪酸やコレステロール値を調整して、脂質の代謝にも役立ち、生活習慣病の予防効果も。

 

豊富な栄養素や優れた栄養価のお陰で、モリンガには様々な効果や効能が期待できますので、ぜひあなたも日常生活に取り入れてください。

 

モリンガ茶はダメ?モリンガの効果的な飲み方を紹介!

 

モリンガのあの味や臭いが苦手という人には、この記事で紹介している方法でモリンガを飲むと良いかもしれません。

 

モリンガの持つよう栄養素をさらに凝縮し、より効率的に摂取でき、なおかつ味の問題も解決している画期的な方法ですので、ぜひお試しすることをおすすめします。