アトピー性皮膚炎の症状改善に、乳酸菌が効果的だと話題になっているのを知っていますか?

 

乳酸菌の持つ腸内環境改善効果が、アトピー性皮膚炎の原因に役立つ効果があるのだとか。

 

実際にどのような効果で、アトピーの症状改善に役立つのかを解説します。

 

乳酸菌の摂取で、アトピーの発症や悪化の予防が期待できる

 

アトピー性皮膚炎の症状に悩まされている人には、乳酸菌なんか摂取しても症状は変わらないので、それならばステロイド軟膏を塗っている方がマシと思う人もいるでしょう。

 

しかし、ここ数年の研究結果から、乳酸菌はアトピー性皮膚炎の症状抑制や完治に役立つ効果が期待できることがわかっています。

 

そもそもアトピー性皮膚炎とは、自己免疫疾患のひとつで、免疫系の暴走をきっかけにして発症します。

 

免疫細胞である、Th1細胞とTh2細胞のバランスが乱れ、Th2細胞のアレルギー反応を促進する作用が強まることで、かゆみなどの症状を発症してしまいます。

 

だからこれらの免疫系の機能のバランスを整える事、Th2細胞の暴走を抑制することが重要なんです。

 

アトピー性皮膚炎の患者の腸内環境の乱れを乳酸菌が改善する

 

アトピー性皮膚炎の患者には、ひとつの傾向があることがわかってきました。

 

それが腸壁のバリア機能がもろくなっており、そこからアレルゲンが侵入することで、アトピー性皮膚炎を発症&悪化させている。

 

つまりアトピーの入り口のひとつが、腸壁だったんです。

 

乳酸菌やビフィズス菌には、腸内環境を整え、腸壁を修復する作用もあるので、アレルゲンの侵入を抑制する効果が期待できます。

 

しかも人間の腸内では、免疫機能の7割前後を担っていると言われていますので、腸内環境が整うことで、アレルゲンの侵入を抑制し、免疫機能を正常化させる。

 

このW効果で、アトピー性皮膚炎の症状を抑制すると期待されています。

 

乳酸菌でアトピー性皮膚炎を予防する方法とは?

 

しかし、全ての乳酸菌にアトピー性皮膚炎の症状を抑制する効果があるというわけではありません。

 

様々な乳製品メーカーが研究し、現時点でその効果が明確になっているのが、これらの乳酸菌です。

 

  • L-92乳酸菌
  • 乳酸菌KW3110
  • ビフィズス菌LKM512
  • 植物性ラクトバチルス乳酸菌

 

ただ腸内環境を効果的に改善する為には、これらの乳酸菌だけを摂取すれば良いということではありません。

 

乳酸菌には相性もありますので、どれを摂取することで、腸内環境が改善されるのか?ということが若干個人差が出ることもあります。

 

乳酸菌で腸内環境を改善しようと考えた際には、できるだけ多くの種類の乳酸菌が腸まで生きて届くことが大切。

 

そういった意味では、乳酸菌は食事よりもサプリメントで摂取することで、より効率的に腸内環境を改善することができます。

 

実際に乳酸菌サプリメントでも、効果の高いもの人気のものを紹介していますので、乳酸菌でアトピー性皮膚炎を改善したい人は、この記事をチェックしてみてください。

 

菌活に効果的な乳酸菌サプリランキング!健康・美容効果が女性に人気!

 

乳酸菌を摂取することは、美容面でも健康面でも非常に優れた効果が期待できますので、アトピー性皮膚炎の改善だけではなく、普段から定期的に摂取することをおすすめします。