マヌカハニーのMGO基準の意味や信頼性は?数値が高いと良いの?

IMG_8546

 

って、実際にどうなのか、すごく気になっていませんか。

 

マヌカハニーを選ぶ際の基準のひとつにMGOがあります。
このMGOとは、実際にどんな意味なのでしょうか?

 

MGOが信頼できる基準なのか、実際にどう考えればよいのか。
マヌカハニーを選ぶ際に大切なMGOについて紹介します。

マヌカハニーのMGOはメチルグリオキサールの含有量のこと。

IMG_8593

 

マヌカハニーには幾つか基準があり、その中でも信頼性が高いのは
UMFとMGOと呼ばれる基準
です。

 

MGOは、マヌカハニーの殺菌作用であるメチルグリオキサールの
含有量自体を表す指標
のために、より正確にその殺菌作用の強さを
知ることができるものだと考えられています。

 

ちなみにUMFとMGOはそれぞれを置き換えて考える事ができます。
一般的にニュージーランドで医療用のマヌカハニーは、UMF10+。
これをMGOにすると、MGO100+になります。

 

UMF10+というのは、フェノール水溶液10%濃度と同じ殺菌力。
医療現場で使用されるのが2〜5%なので、マヌカハニーの殺菌力の
強さがここからもわかると思います。

 

フェノール水溶液とは医療現場で使用される医療用の殺菌剤です。
それよりも2〜5倍もの殺菌力がマヌカハニーにはあるという話。

 

それだけでも凄いことですが、世界最強濃度のマヌカハニーは、
MGO1100+のストロングマヌカハニーです。

 

この場合、220〜550倍以上の殺菌力を持っているということ。
しかもマヌカハニーは天然成分なので、副作用やデメリットもなく
純粋に殺菌力だけを活用する事ができます。

 

もし同じ濃度の医療用の殺菌剤を飲めば、間違いなく健康に
被害が出る
ことは間違いありません。

 

IMG_8642

 

この様にマヌカハニーのMGOとは、非常に強い殺菌成分である
メチルグリオキサールの含有量
を示すものだと理解しましょう。

 

だから、医療効果のあるマヌカハニーを購入したい場合には、
MGO100+以上のものを選べば間違いありません。

マヌカハニーの効果や効能、人気で信頼性が高いマヌカハニーの
情報をまとめた記事がありますので、読んでみてください。

 

マヌカハニー人気ランキング!ハチミツと違う効果や効能が凄いんです

 

MGOやUMFというマヌカハニーの基準を知った上で、
商品選びを行なうと失敗しないマヌカハニーを購入できます。