便秘の時って、腸で何が起こっているの?

girl-996817_640

 

って凄く気になりませんか。

 

便秘って、本当に嫌なものですよね。
できることなら、毎朝スッキリ出したい
そう考える人がほとんどです。

 

でも便秘の時の腸の状態を知ることで、
改善方法が見つかるかもしれません。

便秘の時に腸内で起こっていること

girls-1087467_640 (1)

 

まず便秘の定義ですが、週に3回以上排便でき、
柔らかいバナナ状であれば大腸が健康な証拠です。
しかし毎日排便していても、量が少ない、固い、
残便感があれば便秘と言われてしまうのです。

 

そもそもなぜ便秘になってしまうのか?
一般的に大腸の長さは1.5mほどあり、消化の最終の
働きを担っています。

 

大腸ではドロドロの食べ物残りカスから水分を
吸収して固め、便としては体外に出すのです。
健康的な腸の場合には、腸内のぜん動運動が行われ、
しっかりと便を出すことが出来ます。

 

大腸をを大きく分けると、上行結腸、横行結腸、
下行結腸、S字結腸、肛門
という流れで順次体外に
排出されていくのです。これはひらがなの「の」を
イメージするとわかりやすいと思います。

 

場所ごとに起こる便秘の状態が違うので説明すると、

 

・横行結腸から、下行結腸の間で便が停滞する。

これは主に腸内のぜん動運動が弱いので、便を先に
送り出せなくなり、弛緩性便秘に繋がります。
デスクワークばかりしている人、体を動かす機会が
少ない人に多い特徴があります。

 

・下行結腸で便が停滞する

ぜん動運動が強すぎ、腸が痙攣を起こしてしまい、
便がスムーズに排出されないけいれん性便秘です。
職場や家庭でストレスを溜めこんでいる人に多く、
常に緊張していると起こりやすいです。

 

girl-1035494_640

 

・S字結腸から、肛門の間で便が停滞する。

排便のリズムが崩れていると直腸にたどり着いても、
便意が起こらない直腸性便秘になります。

 

毎朝のトイレタイムが一定ではない人や出先などで
トイレに入れないことでタイミングを逃している人に
多い特徴があります。

 

便秘にも様々な種類がありますが、でなくても座る。
体を動かして、ストレスを溜めすぎないというのは
非常に大切なことですね。

便秘の原因や対策、どんな方法で解消できるのかを
簡単にまとめた記事があります。

 

便秘の解消法と原因は?今すぐ便秘解消してスッキリしよう!

 

便秘に悩むあなたの参考になりますので、
今すぐにチェックしてください!