寝不足続きだけど、何時間寝ればいいの?

person-1181390_640

 

ってめちゃくちゃ悩んでいませんか。

 

寝ても寝ても寝足りないし、
疲れも取れない。朝も寝起きが悪いけど、
実際にはどのくらい寝れば良いのか?

 

指標的な部分が気になっていませんか?
そこでアメリカの指標を紹介します。

健康に必要な睡眠時間の定義

girl-1147437_640

 

アメリカの米睡眠医学会が睡眠時間に
関する初めてのガイドラインを発表!
それによると、7時間以上寝ることが
好ましいという
結果になりました。

 

7時間を下回ると、様々な影響が出て、
6時間睡眠だと集中力の低下が起こり、
心臓病や脳卒中、糖尿病などのリスクが
高くなることが報告されています。

 

ただしこのガイドラインの面白いのは、
検証が不十分という理由で睡眠時間の上限が
設定されていなことです。

 

睡眠が健康に与える影響がどんどん
わかってきた現代では、睡眠障害があると
心臓発作は2〜2.6倍になり、脳卒中も
1.5〜4倍になる
ことがわかっています。

 

睡眠障害はうつ病殿関係性や、自殺願望にも
影響することがわかっていますので、人間には
やはり睡眠はすごく大事なことなんです。

 

7時間未満の睡眠の場合、食欲を増進する
ホルモンの分泌が増え、肥満に繋がる事も
わかっていますので、そこから生活習慣病の
全ての連鎖が始まってしまうのです。

 

woman-586185_640

 

睡眠時間だけが全てではありませんが、
短眠が続くことであなたの身体に与える
影響はどんどん大きくなりますので、
それは注意したほうが良いです。

 

世界的にも指標が出来たことで、
日本人の睡眠に関する意識も変えないと
健康を害すだけではなく、社会生活に
様々な影響が出ることが予想されます。

 

ぜひあなたもご自身の健康管理のために
7時間睡眠を心がけてみてください。

睡眠時間以外にも睡眠の質も非常に大切です、
そんな睡眠の質に関する情報をまとめた記事が
あります。

 

睡眠の質を上げる方法って?かくれ不眠を改善してスッキリ!

 

睡眠の質が上がれば、翌日の体調に与える影響も
大きく変わりますので、今すぐチェックしましょう。