歯の消しゴムでするホワイトニングは危険なの?

women-630040_640

 

ってめっちゃ気になっていませんか。

 

歯のホワイトニングにはいくつかの方法があり、
歯の消しゴムは簡単でピンポイントに歯の白さを
手に入れられると人気です。

 

でもその歯の消しゴムには、危険性はないのか?
どんな原理で歯が白くなるのかを知っておきましょう。

歯の消しゴムでするホワイトニングは危険だった

woman-456974_640

 

歯の消しゴムは、500円くらいで購入でき、
非常に気軽にできるホワイトニング方法として、
人気の方法だったりします。

 

その使用方法も簡単で、

歯と消しゴムの水気をとって、白くした場所をする。
使用後はうがいをして、消しゴムが汚れたらカットする。

 

というものです。

 

沢山擦れば、キレイになるというものではなく、
あくまでも表面についた汚れを落とすレベルのもので、
そこまでのホワイトニング効果はないのです。

 

自宅でも外出先でも気軽にできるメリットがありますが、
効果に個人差があり、磨き過ぎは歯を傷つけるんです。

 

そもそも歯の消しゴムとは、
シリコン状の消しゴムに研磨剤が含まれた薬品が
セットになって売られているものなんです。

 

薬品に含まれた研磨剤の効果で歯についたステインを
落とす効果が期待できます。

 

市販の歯磨き粉と同じですが、よりピンポイントで
細かく磨けるので歯の消しゴムは効果が高いんです。

 

しかし問題になるのは、歯が白くなる原理です。

 

歯が白くなる原理は、単に研磨剤で磨くからであり、
特に漂白する成分や汚れを分解する成分が含まれて
いるわけではないのです。

 

歯の表面のエナメル質も削りながらステインを
落としていくという考え方なのです。

 

women-481789_640

 

歯の表面のエナメル質が削れてしまうとステインが
付着しやすい状態になります。つまりは堂々巡りが
この瞬間から始まってしまうというわけです。

 

これでは一時的に白くなったとしても歯の健康が
悪化してしまいますし、逆効果になってしまうので、
あまり意味が無いと個人的には思います。

 

もしあなたが歯の消しゴムでホワイトニングを
考えているようでしたら、個人的にはおすすめしません。

ホワイトニングについて様々な方法をまとめた
記事がありますので、ぜひ読んでみてください。

 

白い歯に憧れる!自宅で出来るホワイトニングで効果的なのは?

 

歯の消しゴムを使うよりも効果的なホワイトニング方法が
見つかると思います。