あずき水と煮小豆に糖尿病予防効果があるって本当??

fun-652590_640

 

ってめちゃくちゃ気になっていませんか。

 

小豆は江戸時代から日本人の生活に馴染みの深い食べ物として、
様々な調理方法で食べてきたものですが、小豆の食べ方一つで、
糖尿病の予防効果が期待できるというのは本当でしょうか?

 

他にも小豆には、二日酔いや便秘解消、血流改善など様々な効果が
期待されているので、実際にどうなのか検証してみたいと思います。

あずき水と煮小豆が糖尿病予防に効果あり

woman-267108_640

 

小豆といえば、あんこにして食べるというのが一般的ですが、
それでは糖尿病を招く原因になるので、お砂糖を使わない煮小豆で
食べることが大事なのです。

 

小豆の栄養素の中で糖尿病に効果があるのは、
ポリフェノール、サポニン、ビタミンB1、食物繊維の4つです。

 

・ポリフェノール

煮小豆には赤ワインよりも多くのポリフェノールが含まれており、
ポリフェノールを摂取することで、血糖値の上昇が緩やかになる効果が
あります。

 

・サポニン

コレステロールや中性脂肪の酸化による過酸化脂質の発生を防ぎ、
血管が傷ついたり動脈硬化、脳梗塞を起こしやすくなる原因を解消して、
糖尿病の予防に効果があります。

 

・ビタミンB1

糖質の代謝を促すために必要な栄養素なので、ビタミンB1の摂取で
糖尿病の予防効果が期待できます。

 

・食物繊維

ごぼうの3倍もの食物繊維が含まれいるので、腸内環境の改善し、
余分な糖分や脂質を排出することで、糖尿病の予防効果が期待できます。

 

hair-315055_640

 

このように煮小豆には多くの糖尿病予防効果が期待できますが、
煮小豆を作る際の小豆水にも小豆の成分が流れ出ていますので、
それも合わせて摂取することでより効果的です。

 

糖尿病の予防効果を考えた際には、煮小豆を食前に食べるのが効果的です。
またあずき水を合わせて飲むことでさらなる効果が期待できますので、
ぜひチャレンジしてみてください。

小豆の効果や効能、特にあずき水の情報についてまとめた記事があり、
糖尿病の予防にも便秘解消にも効果があります。

 

あずき水ダイエットの方法 話題の効果を紹介!

 

あなたの健康に役立つ情報を見つかると思いますので、ぜひお読みください。