炎症抑制作用がマヌカハニーにあると言われていますが、本当にそのような効果や効能があるのでしょうか。

実際にどのような成分が含有されていることで、マヌカハニーが炎症を抑制することができるのかを紹介します。

炎症を抑制できることで、様々な症状を悪化させずに済んだり、回復を早めてくれますので、非常に期待できますよね。

マヌカハニーの抗炎症作用はシリング酸メチルのお陰!

マヌカハニーに含有されている成分の中で、抗炎症作用があるのがシリング酸メチルという成分のお陰。

シリング酸メチルは、実は全ての蜂蜜に含まれている成分ではありません。

アカシアやレンゲなどの蜂蜜にはシリング酸メチルは含まれていませんが、オレンジや栗の蜂蜜だけ、マヌカハニーほどではありませんが若干含まれている状態。

なので全ての蜂蜜に含まれている成分ではなく、ここまでしっかり含有されているのはマヌカハニーだけだと理解しましょう。

シリング酸メチルが含有されていることで、炎症や鼻づまりの原因に働く効果が明らかになっていますので、風邪や花粉症などの症状の抑制に効果が期待できます。

シリング酸メチルには抗酸化作用も認められている

マヌカハニーに特に大量に含有されているシリング酸メチルですが、実は抗炎症作用だけではなく、抗酸化作用も認められている成分。

特に活性酸素を除去する抗酸化作用が認められていることで、非常に優れたエイジングケア効果が期待できます。

活性酸素は私たちの身体の中で常に発生しており、形を変えて強い毒性のある活性酸素に変化することも。

シリング酸メチルは、身体の中で最初に発生する活性酸素を除去してくれますので、強い毒性のある活性酸素の発生を抑制することができると考えられています。

蜂蜜の中では、特にマヌカハニーに大量に含まれている成分ですので、シリング酸メチルが豊富なマヌカハニーは、エイジングケアにおすすめだと言えるでしょう。

しかもマヌカハニーの場合は、食べても肌に直接塗ってもその成分が浸透し効果を発揮してくれますので、非常におすすめです。

シリング酸メチルとメチルグリオキサールが効果的に作用する。

マヌカハニーのもうひとつの成分が、殺菌作用を発揮するメチルグリオキサール。

このメチルグリオキサールの殺菌力は非常に優れており、医療レベルのマヌカハニーであれば、抗生物質以上の殺菌力を発揮する事がわかっています。

だから風邪やインフルエンザなどの原因菌を直接殺菌し、さらに症状が出ているところに対しては、シリング酸メチルが炎症等の作用を抑制する。

その相互作用で、体調の悪化や病気等の症状の発生を予防し、あなたの健康状態を守ってくれます。

特に高齢者や子供などの免疫力や抵抗力が弱い人にとっては、マヌカハニーを普段から摂取することで、そういった部分を強化してくれますので、非常に効果的。

私も普段からマヌカハニーを摂取することで、今年の冬は一度も風邪もひいていませんし、インフルエンザやノロウイルスとも無縁。

少しのどのイガイガがあっても、マヌカハニーを舐めているとあっという間に何もなかったように過ごすことができていますので、非常に効果的ですよ。

もしあなたが抗炎症作用や抗酸化作用、殺菌作用などを期待して蜂蜜を探しているのなら、マヌカハニーを摂取することをおすすめします。

マヌカハニー人気ランキング!ハチミツと違う効果や効能が凄いんです

本当に優れたマヌカハニーですので、上手く健康管理に活用すると非常に効果的だと思いますし、間違いなく、蜂蜜の中では最高の商品のひとつですよ。