女の子の平均身長のデータからわかる、成長期や思春期のピークや、身長の伸び方傾向を確認しませんか。

身長の伸び方が分かることで、どの時期に特に身長の変化を確認すべきなのか、伸び悩みがないのかがわかります。

男の子に比べると早熟傾向の強い女の子なので、成長期のピークを見逃さないようにしましょう。

女の子の平均身長からわかる成長期や思春期のピークとは?

女の子って、身長が伸び始めるのが早く、気づいた時には成長期のピークを過ぎていた・・・なんてこともあるので、まずは平均身長のデータを確認してみましょう。

今回紹介するのは、平成27年度学校保健統計データで、年齢・学年・平均身長・年間の伸び幅という順に記載しています。

  • 6歳(小1)→115.5cm(6.0cm)
  • 7歳(小2) →121.5cm(5.8cm)
  • 8歳(小3)→127.3cm(6.1cm)
  • 9歳(小4)→133.4cm(6.7cm)
  • 10歳(小5) →140.1cm(6.6cm)
  • 11歳(小6)→146.7cm(5.1cm)
  • 12歳(中1) →151.8cm(3.1cm)
  • 13歳(中2)→154.9cm(1.6cm)
  • 14歳(中3) →156.5cm(0.6cm)
  • 15歳(高1) →157.1cm(0.5cm)
  • 16歳(高2) →157.6cm(0.3cm)
  • 17歳(高3)→157.9cm

女の子の成長は早く小学生が身長の伸びのピークだった

先ほどの平均身長のデータを見ると、女の子の身長が最も伸びる時期は、小学3年生から小学5年生というタイミングだということがわかります。

これってかなり早い時期だと思いませんか?

もしあなたがお子様の身長の伸びのピークが、小学校高学年頃だと考えていたとすれば、その時にはすでに最も伸びる時期を過ぎてしまっているということ。

伸び率が低下している時期に、伸ばそうとするよりも伸び率が良い時期に身長を伸ばしたほうが効率的ですし、より身長が伸びやすいでしょう。

でも小学3年生で将来の身長のことを考えるお母さんは少ないのかもしれません。

だからこそ、あえて数値データで紹介し、その時期から危機感を持ってお子様の成長を見守ってほしいと思っています。

そうすることで、成長期や思春期のピークを逃しにくく、しっかり身長を伸ばしてあげることができるでしょう。

小学生の女の子が身長を伸ばすために必要なことは?

身長を伸ばす要素は、睡眠・運動・食事・ストレス状態・・・という4つの後天的な要素が大切だということがわかっています。

特に小学生が注意したいのが、睡眠時間の確保と食事での栄養摂取。

日本人は慢性的な睡眠不足の状態で、子供でも睡眠時間はどんどん減少している傾向にあり、それが子供のさらなる早熟化を進行させ、身長が伸びる期間を短くしてしまいます。

また成長期のピークとはいえ、小学校3年生や4年生の子供の場合、まだまだ食が細く、成長に必要な栄養素の全てを摂取するのは難しいでしょう。

そんな状態ですので、より効率的な栄養摂取で、少しでも大量の良質なタンパク質を摂取する必要があり、その際に身長サプリメントを活用するのもひとつの方法

栄養豊富な身長サプリメントを普段の食事に合わせて摂取させることで、成長期や思春期の身長の伸びをサポートすることができますので、是非実践してみてください。

どんな身長サプリメントが女の子の成長をサポートしてくれるのか、わかりやすく紹介した記事がありますので、是非参考にしてください。

身長を伸ばすサプリメント比較ランキング。子供の背が伸びるのは?

お子様の身長を伸ばす栄養素をしっかり補って、将来的な低身長のリスクを回避しましょう。