白髪になる飲む日焼け止めサプリメントがあるという噂がありますが、本当なのでしょうか?

 

実際に飲む日焼け止めサプリメントに含まれる白髪の原因になる成分やその危険性を知れば、対策を行うこともできます。

 

なぜ白髪になるのか?飲む日焼け止めサプリメントだけの副作用なのか?気になる原因と対策を紹介します。

 

飲む日焼け止めサプリメントが原因で白髪になる副作用があるの?

 

これは飲む日焼け止めサプリメントだけの話ではありませんが、美白有効成分のL-システインの副作用のひとつ。

 

飲む日焼け止めサプリメントだけではなく、シミやそばかすを予防する美白サプリメントの中には、L-システインを配合したものがあります。

 

そういったものを使用すると、メラニン色素の産生を抑制し、シミやそばかすを作らない状態にしてくれますので、その効果が強く出ると皮膚だけではなく、髪の毛にも出てしまうことも。

 

その結果、髪の毛の色素が作れなくなり、飲む日焼け止めサプリメントを飲むことでも白髪になるリスクがないとはいえません。

 

だからもしあなたが飲む日焼け止めサプリメントを飲むことで、白髪が増えるのが嫌なら、L-システインの配合されていない商品を選ぶようにしましょう。

 

でも飲む日焼け止めサプリメントの全ての商品に、L-システインが配合されているわけではありません。

 

飲む日焼け止めサプリメントは抗酸化作用で紫外線対策を行う

 

ここは重要なポイントですが、飲む日焼け止めサプリメントは、L-システインのような美白有効成分を含有しているのではなく、紫外線対策により発生する活性酸素に対する抗酸化作用。

 

だから全ての飲む日焼け止めサプリメントに、L-システインが含有されているわけではありませんし、むしろそのタイプの方が少ないのが実際の話。

 

ニュートロックスサンなどは、完全に抗酸化作用を発揮するだけのものですし、フェーンブロックも同様です。

 

メディパラソルの地中海産植物性ポリフェノール(MBP)も、抗酸化作用を発揮する物質を主成分にしていますので、そこまで多いわけではありません。

 

それぞれがメラニン色素に直接作用する成分ではなく、活性酸素に対する抗酸化力を発揮し、紫外線対策効果を実感できるものなので、そこまで心配しなくとも良いでしょう。

 

白髪になる飲む日焼け止めサプリメントは、アジア人向けヘリオケア

 

ヘリオケアと言えば、アメリカ製の飲む日焼け止めサプリメントで、シダ植物のフェーンブロックを有効成分として配合し、紫外線対策効果を実感できるもの。

 

アメリカ版のヘリオケアはフェーンブロックだけですが、実はアジア人向けのヘリオケアには、L-システインが追加されています。

 

なので、白髪になる可能性がゼロではありませんが、それでも用法用量を守って飲んでいれば、そこまで白髪になる可能性が高いというわけではありません。

 

ただフェーンブロックはシダ植物由来の成分なので、人によってはアレルギー反応を感じたり、痒みや発疹などの副作用があることも。

 

そういった点を加味すると、フェーンブロックのヘリオケア以外の飲む日焼け止めサプリメントを選んでいれば、そこまで心配しなくともよいのかも。

 

いずれにしても飲む日焼け止めサプリメントの成分表に、L-システインの記載がなければそこまで心配しなくとも良いことですので、安心してください。

 

飲む日焼け止めサプリメントランキング、紫外線対策の人気商品は?

 

飲む日焼け止めサプリメントの情報や効果的な使用方法、おすすめの飲み方やおすすめ商品などをまとめて紹介していますので、是非参考にしてください。