痩せたら子供の身長は本当に伸びるのでしょうか、肥満体型の子供の成長とダイエットの関係は?

 

体重や体脂肪率を気にすることで、成長期の身長の伸びを最大化することができる理由とは。

 

実際に体型と身長に伸びに、どのような関係性があるのかをまとめて解説しますので、参考にどうぞ!

 

痩せたら身長が伸びるのは本当の話なのか?脂肪と身長の関係性は?

 

肥満体型やぽっちゃり体型の人が、痩せたら身長が伸びたという話がありますが、これは脂肪細胞の重さによる影響とその性質による影響を受けるから。

 

もしあなたが−2kgくらいダイエットに成功しても、身長の伸びは実感できないかもしれません。

 

でも−20kgとか、−30kgも痩せたら、確実に身長の伸びを実感できます。

 

それはお腹周りに脂肪がついていることで、背骨が前のめりの状態になってしまうから。

 

でも痩せたらその状態が改善されるので、自然と脊髄への負担が軽減し、数センチも身長が伸びる人もいます。

 

だから痩せたら身長が伸びると言われており、ダイエットが推奨されることに。

 

でも痩せることは、それ以上に身長を伸ばす効果があったんです。

 

多すぎる脂肪細胞は性ホルモンの分泌を促進し、早熟化傾向が強まる!

 

肥満体型やぽっちゃり体型の人には、標準体型の子供よりも多くの脂肪細胞が存在しますよね?

 

その脂肪細胞は、実は性ホルモン最大の受容体。

 

だから太っていれば太っているほど、性ホルモンの分泌量が増える傾向があります。

 

幼少期から性ホルモンがどんどん分泌されてしまうと、それだけ早熟化傾向が強まり、成長期の訪れや終わりが早くなることに。

 

成長期の早さは、身長が伸びる期間が短くなることを意味していますので、低身長のリスクを高めてしまいます。

 

少しでも脂肪細胞を減らし、性ホルモンの分泌量を抑えることが、実は子供の身長を伸ばす期間を長くすることであり、将来的に高身長になる可能性を高めること。

 

だからこそ、しっかり体型管理を行なって、より身長が伸びやすい状態を維持することが大切です。

 

肥満体型の子供はダイエット方法を間違えると身長が伸びなくなる!

 

肥満体型が低身長のリスクを高め、標準体型の方が身長が伸びる可能性が高くなるということは、なんとなくわかったと思います。

 

しかし子供の場合、ダイエット方法を間違えてしまうと逆効果で、身長が伸びにくくなることも。

 

子供が肥満体型になる理由は非常に簡単で、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが乱れているから。

 

簡単に言えば、食べ過ぎだということ。

 

そしてその状態を改善する為に、食事制限を行うのは最も間違ったダイエット方法。

 

食べているものの質を改善すること、それ以上に体を動かすようにしましょう。

 

運動することで脂肪を燃焼させるのが、子供のダイエット方法として、最も望ましいもので、それ以上に良いダイエット方法はありません。

 

当然ですが体を動かすようにすると、脂肪が燃焼されますので、性ホルモンの分泌量が抑制され、夜はしっかり眠ることができるので、メラトニンによる抑制効果も相乗的に作用します。

 

その結果、自然と体重が落ちていきますので、どんな方法でも良いので、まずは体を動かすことを意識し、食べているものの質をより低脂肪低カロリーなものに切り替えていきましょう。

 

そうするとが、お子さんが持っている身長を伸ばす仕組みを最大化することに繋がりますので、基本的な話ですが、本当におすすめのことです。

 

身長を伸ばすサプリメント比較ランキング。子供の背が伸びるのは?

 

子供の身長をさらに効率的に伸ばしたいのなら、身長サプリメントも活用することで、その効率を高めつつ、栄養面のサポートを行うこともおすすめの方法ですよ。