皮膚科医も塗る日焼け止めよりも、飲む日焼け止めサプリメントを推奨しているって言われていますが、本当なのでしょうか。

 

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めサプリメントの違いとは、実際にどのような効果があるのかを紹介したいと思います。

 

皮膚科医が推奨するなら、飲む日焼け止めサプリメントも安心して使用することが出来ますよね?

 

皮膚科医も推奨する飲む日焼け止めサプリメントの効果とは?

 

日本では飲む日焼け止めサプリメントは、2016年に解禁されたばかりということもあり、まだまだ一般的ではありませんが、皮膚科医の間では、飲む日焼け止めサプリメントを推奨する声があります。

 

それが塗る日焼け止めの紫外線抑制効果。

 

塗る日焼け止めは、しっかり塗っているつもりでも、実は必要量の4分の1程度しか塗ることが出来ておらず、塗りすぎることで肌に負担になるというデメリットも。

 

つまりしっかり効果を発揮できる状態で使用できている人は、ほとんどいないというのが実際の話。

 

さらに汗や水でどんどん洗い流されてしまい、その効果を発揮できないこともありますし、数時間ごとの塗り直しも非常に厄介なもの。

 

だから飲む日焼け止めサプリメントの様に、体の内側から紫外線対策ができる商品に注目が集まるわけです。

 

飲む日焼け止めサプリメントの紫外線抑制効果とは?

 

そもそも、なぜ飲む日焼け止めサプリメントが紫外線対策に有効なのかと言えば、紫外線のダメージで発生する活性酸素に対する抗酸化力があるから。

 

紫外線を浴びた肌では、活性酸素の発生とDNAの損傷が起こり、活性酸素が増え続けることで、様々な肌老化の原因になります。

 

実際に光老化は、肌の老化の8割を占める原因だと言われていますので、しっかり紫外線対策をすることは基本。

 

そこで役立つのが、飲む日焼け止めサプリメントの活性酸素の発生を抑制する効果。

 

これにより肌の炎症や肌のダメージが最小限に抑制され、さらに紫外線によってダメージを受けた線維芽細胞の修復にも役立ちます。

 

だからシワやシミ、肌のハリの減少にも効果的に作用するアンチエイジング効果が期待できるわけです。

 

では、飲む日焼け止めサプリメントを飲んでいれば、塗る日焼け止めは不要なのか?

 

皮膚科医は飲む日焼け止めサプリメントと塗る日焼け止めの併用を推奨

 

実は飲む日焼け止めサプリメントの取扱説明書にも書かれていますが、皮膚科医も確実な紫外線対策を行うためには、飲む日焼け止めサプリメントと塗る日焼け止めの併用を推奨しています。

 

さらに言うと、紫外線を浴びる状況によって2粒飲んだり、紫外線を浴びた後に追加で飲む日焼け止めサプリメントを飲むことも推奨。

 

ただ明らかに過剰摂取になるようなことはやめるべきであり、あくまでも一時的・短期的な対応で多少コントロールすべきだと考えています。

 

実際に私も飲む日焼け止めサプリメントは、海や山、アウトドアなどを行う予定がある日には、2倍飲んだり、帰宅後に追加したりして調整しています。

 

そうすることで、赤みや炎症が和らいだり、日焼けしてしまった部分の戻りが早くなりますので、そういう使い方が良いのでしょう。

 

飲む日焼け止めサプリメントは、主成分がハーブなどのために保険適応になることはなく、一般的には、5000円前後の価格帯で購入することができるというイメージのようです。

 

ただ私の使用している飲む日焼け止めサプリメントは3000円ほどなので、よりコスパに優れた飲む日焼け止めサプリメントを探している人には、おすすめかもしれません。

 

飲む日焼け止めサプリメントランキング、紫外線対策の人気商品は?

 

実際に私も愛用している飲む日焼け止めサプリメントの情報や、一般的なメリットやデメリット、おすすめの飲み方などをまとめていますので、参考にしてみてください。

 

飲む日焼け止めサプリメントランキングは、2017年夏版の最新情報ですので、今年の夏の紫外線対策に飲む日焼け止めサプリメントを活用したい人には、本当におすすめの商品がわかりますよ。