最近、飲む日焼け止めサプリメントが人気だけど、実際に紫外線対策効果があるのかどうか気になっていませんか。

 

そこで飲む日焼け止めサプリメントには、実際に紫外線に対する効果があるのかを徹底検証。

 

夏でも美白や美肌を追求する女性が知っておくべき、飲む日焼け止めサプリメントの本当の効果を紹介します。

 

飲む日焼け止めサプリメントには、紫外線対策効果がある。

 

飲む日焼け止めサプリメントの成分でも、日本でも話題になっているのがニュートロックスサン。

 

これはスペインの大学と企業が産学連携で開発した成分で、シトラスとローズマリーの成分を調合したもの。

 

実際の治験データでも、ニュートロックスサンを毎日欠かさず飲むことで、6割近くの紫外線による肌ダメージを抑制する効果があることがわかっています。

 

そんな治験データがあるので、日本でも紫外線の6割をカットなどと広告されていることで、多くの人がニュートロックスサンに異常な期待をして、芸能人やモデルさんが愛用している成分。

 

ニュートロックスサンは、確かに治験データもある非常に効果的な成分ですが、今日飲んで明日効くという即効性のある成分ではないことを理解しておくべき。

 

ニュートロックスサンが効果がないという人は、飲み方を間違えている。

 

飲む日焼け止めサプリメントを飲んだけで、結局日焼けしてしまったという口コミや評判、評価などを目にする事がありますが、多くの場合飲み方を間違えています。

 

ニュートロックスサンでも、紫外線の6割をカットすることができるのが、毎日欠かさずに250mgを3〜4ヶ月ほど飲んだ場合。

 

それでもカットできる紫外線は、6割弱なので、4割強の紫外線によるダメージは受けます。

 

でも、飲む日焼け止めサプリメントを飲みはじめて、1〜2週間で実際の効果はどうなんだろう?と塗る日焼け止めを塗らずに外出することで、日焼けしてしまう。

 

そんな間違った使い方をしている人がいるので、飲む日焼け止めサプリメントは、効果がないとか、飲んだけど日焼けしてしまったという評判に繋がります。

 

多くの人が説明書に書かれている注意事項を読まずに、商品のイメージだけで使用してしまっているので、そういった間違いが起こります。

 

飲む日焼け止めサプリメントの有効成分は、化学的に紫外線に対して、バリア機能を発揮するものではありませんので、完全に紫外線の影響を100%カットできるものではないことを理解しましょう。

 

飲む日焼け止めサプリメントの有効成分は、抗酸化力を高めている

 

人間が紫外線を浴びると、メラニンを生成したり、活性酸素を発生させたりと、皮膚に炎症やダメージを与える要因が生まれます。

 

そこでそういった体内の反応に対して、抗酸化作用を豊富に含んだ成分を摂取することで抗酸化力を高め、対処できるようにしているのが、飲む日焼け止めサプリメントの基本的な考え方。

 

だから紫外線によるダメージを防ぐというよりも、体内で起こっている反応を最小限にすることで、紫外線対策を行っているという理解でいるほうが良いでしょう。

 

日焼けは炎症なので、赤みやかゆみが出たり、メラニンの影響で肌が黒くなったりしますが、それを強力な抗酸化力で抑制する。

 

それがしっかり機能すれば、塗る日焼け止めのように紫外線の影響を受けていないのと同じ状態になるというのが、基本的な考え方。

 

だから飲む日焼け止めサプリメントを飲んでいても、強烈な紫外線の下に長時間出る際には、塗る日焼け止めとの併用が推奨されています。

 

そうすることで、メラニンの生成や活性酸素の発生を抑制し、より強固な紫外線対策を行う事ができますので、紫外線の強い夏の時期には、非常におすすめの方法。

 

このような基本的な部分を理解した上で、飲む日焼け止めサプリメントを使用すると、より効果的な紫外線対策ができますので、非常におすすめです。

 

飲む日焼け止めサプリメントランキング、紫外線対策の人気商品は?

 

飲む日焼け止めサプリメントのおすすめ商品や、実際の使い方やメリット、デメリットなどを紹介した記事がありますので、ぜひ読んでみてください。