ノーブ(nouv)の飲む日焼け止めサプリメントには、副作用があるという噂がありますが、本当なのでしょうか?

 

ノーブと言えば、美容外科東京イセアクリニックが監修しているブランドで、楽天でも1位を獲得する人気の商品。

 

実際にどのような成分が含まれているのか、副作用があると言われる理由がどこにあるのかを徹底検証します。

 

ノーブ(nouv)の飲む日焼け止めサプリメントはどんな特徴があるのか?

 

出典:http://nouvshop.shop4.makeshop.jp/

 

現在販売されているノーブ(nouv)の飲む日焼け止めサプリメントは2種類、

 

  • noUV Care White(ノーブケアホワイト)
  • noUV(ノーブ)

 

1粒で約2時間ほどの紫外線対策効果があるとされており、紫外線にあたる30分前に飲用すると効果的だと言われています。

 

noUV(ノーブ)の飲む日焼け止めサプリメントは、主成分がPLエキス。

 

noUV Care White(ノーブケアホワイト)には、L-システインやパイナップルフィトールなども配合し、より優れた紫外線対策効果を目指したもの。

 

しかし問題になるのが、このPLエキスという主成分。

 

ノーブの副作用は、PLエキスとアレルギー物質が含まれているから

 

ノーブの飲む日焼け止めサプリメントに、副作用があると言われる一番の理由が、主成分がPLエキスだから。

 

PLエキスは、ヘリオケアなどのアメリカ製の飲む日焼け止めサプリメントに多い主成分で、紫外線を予防する効果だけではなく、若干の副作用があることがわかっている成分。

 

特にアレルギー体質の人は、その摂取に十分な注意が必要です。

 

ノーブを飲むことで、発疹やかゆみなどの副作用が出たり、将来的なアレルギー症状を発症するリスクが高まる結果に。

 

さらに言えば、乳・カニ・ゼラチン・大豆のアレルギーを持っている人は、含有成分からアレルギーが起こる可能性がありますので、その点も注意しましょう。

 

そもそもノブの飲む日焼け止めサプリメントは、1粒で2時間しか効果が持続しないので、あまり効果的ではなく、コスパも良くないので、実はおすすめできない飲む日焼け止めサプリメント。

 

美容外科東京イセアクリニックが監修しているという安心感はありますが、ヘリオケアの日本版の様なイメージなので、個人的には、あまりオススメできない商品です。

 

飲む日焼け止めサプリメントは、飲み続けることが大事。

 

飲む日焼け止めサプリメントの持つ、紫外線対策効果を実感するためには、実はある程度定期的に飲み続けることが基本。

 

ニュートロックスサンでさえ、本当の効果を実感するためには、毎日250mgを飲んで、約3〜4ヶ月後にならないとダメなんです。

 

それを日焼けの30分前に飲んで、2時間だけ作用するというのは、あまりその効果が期待できないもの。

 

飲む日焼け止めは医薬品ではなくサプリメントなので、即効性がそこまで高くない商品。

 

そういった意味では、ノーブを飲んだからと言って、魔法のように紫外線をカットできると思わないことも大切。

 

実際にニュートロックスサンも、体内の抗酸化力を高めることで、紫外線による炎症や肌ダメージを抑制するものなので、それが基本だと考えましょう。

 

いずれにしても、飲む日焼け止めサプリメントを購入するなら、ノーブよりも安全で効果的なものを選ぶことが大切です。

 

飲む日焼け止めサプリメントランキング、紫外線対策の人気商品は?

 

飲む日焼け止めサプリメントのおすすめ商品をランキング形式で紹介していますので、是非参考にどうぞ。

 

この記事を読めば、2017年夏の紫外線対策にどの商品を選べばよいのかが分かりますよ。