2017年夏の紫外線対策に、飲む日焼け止めサプリメントが効果的でオススメな理由があるのを知っていますか?

 

様々なメディアでも話題の身体の内側からできる、新たな紫外線対策として、今売れているのが飲む日焼け止めサプリメント。

 

実際にどのような効果で紫外線に作用するのか?飲む日焼け止めサプリメントの日焼けに対する仕組みを解説します。

 

飲む日焼け止めサプリメントが内側から効果的なのは抗酸化作用のおかげ

 

飲む日焼け止めサプリメントと言うと、何か化学的な成分で身体の内側から紫外線を防ぐのか?と思う人がいるかもしれませんが、基本的には天然成分が原材料。

 

様々な植物が持つ抗酸化作用を組み合わせることで、人体でも優位性を発揮するものを配合し、その効果で全身の抗酸化力を高めて、紫外線による肌ダメージを予防する仕組みです。

 

だから、今日飲んで明日には100%の実力を発揮できるという考え方ではなく、少し飲み続けることで、徐々に抗酸化力を高めていくもの。

 

飲む日焼け止めサプリメントの成分として、日本でもメディアで話題のニュートロックスサンでも、6割の紫外線をカットするのは、3〜4ヶ月後の話。

 

その点をしっかり理解せずに、飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを最初は併用しないと、大変なことになってしまいます。

 

飲む日焼け止めサプリメントは、塗る日焼け止めと組み合わせると効果が最大化

 

さらに言えば、飲む日焼け止めサプリメント+塗る日焼け止めが最強の組み合わせ

 

3〜4ヶ月目以降でも、塗る日焼け止めを併用することで、飲む日焼け止めサプリメントが持つ効果を最大化できるんです。

 

そもそも紫外線に対する抗酸化力を高めることで、日焼けによる肌ダメージを抑制するわけですから、紫外線のダメージが少ない方が良いですよね?

 

そういった意味では、飲む日焼け止めサプリメントと塗る日焼け止めの併用が、最も優れた抗酸化力を発揮できるんです。

 

塗る日焼け止めで紫外線ダメージを抑制すれば、それだけ受けたダメージや、活性酸素による肌への攻撃に対して、沢山の抗酸化力を発揮できることに。

 

肌の中で活性酸素が増える原因は、紫外線だけではなく、ストレスや生活習慣など様々な場面で起こりえますので、美肌を維持するという意味でも非常に効果的。

 

もちろん、そこまで太陽の下を歩かない時期であれば、飲む日焼け止めサプリメントだけでも十分でしょう。

 

ただ夏の暑い日に炎天下に終日いるような場合には、飲む日焼け止めサプリメントと塗る日焼け止めの併用が最も効果的だということは理解しておくと良いと思います。

 

飲む日焼け止めサプリメントにしかできない紫外線対策がある

 

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めサプリメントの一番の違いは、飲む日焼け止めサプリメントにしかできない紫外線対策があるという点。

 

人間は目の虹彩から入った紫外線で炎症が起こると、その信号が脳の視床下部に到達し、肌が日焼けをしてると誤解して、メラニンの生成信号を発信します。

 

つまり目から入ってくる紫外線でも、肌が日焼けしているのと同じ状態を脳が感じてしまうことに。

 

目に塗る日焼け止めを塗ることはできませんが、飲む日焼け止めサプリメントなら、虹彩に起こるよな炎症に対しても抗酸化力を発揮。

 

その結果、炎症を最小限にしますので、脳の視床下部が間違った信号を発信せずに済みます。

 

だから2017年夏以降の紫外線対策には、飲む日焼け止めサプリメントを活用することが非常に大切。

 

これはここ数年の研究結果でわかったことですし、日本でも飲む日焼け止めサプリメントが解禁されたのが2016年の話です。

 

そして多くのメーカーから、ある程度の商品が昨年から今年にかけてリリースされたことで、まさに2017年が飲む日焼け止め元年のようなもの。

 

だからこそ、より良い商品を選び、より効果的な紫外線対策を行うことで、肌の老化の8割を占める光老化から、肌を守る必要があります。

 

飲む日焼け止めサプリメントランキング、紫外線対策の人気商品は?

 

実際にどんな商品を選べばよいのか?飲む日焼け止めサプリメントのオススメ人気ランキングをまとめていますので、是非参考にしてください。