加齢に伴う年齢肌に多い、目立つ毛穴の開きの原因や効果的な対処法を解説しています。

 

若い時と同じスキンケア方法では、目立つ毛穴の開きを改善することができず、どんどん毛穴の開きが目立つ状態に。

 

年齢肌に多い毛穴の開きの原因を知ることで、しっかり改善することができますので、まずは原因を知ることからはじめましょう。

 

加齢に伴う年齢肌の悩みは、たるみ毛穴となって現れる。

 

20代後半以降の女性に増えているのが、頬の毛穴の開きが気になるという症状。

 

これはすでに加齢に伴い、肌のコラーゲンやエラスチンの産生力が低下し、ターンオーバーもスムーズに行われなくなっている証拠。

 

たるみ毛穴の症状が出ているということは、加齢に伴い縦長の毛穴になってしまいます。

 

この縦長の毛穴の状態だと、影が目立ったり、毛穴に角栓ができ、それらを原因にどんどん毛穴の目立つ状態に。

 

このたるみ毛穴を改善するためにも、肌の真皮層に美容成分を届けること、過剰に行われる皮脂分泌量を抑制すること、ターンオーバーを促進することが必要。

 

それらをしっかり行うことで、肌の状態が徐々に整って、毛穴の開きや目立つ毛穴の状態が改善されていきます。

 

真皮層にどのような成分を届けると毛穴の開きを改善できるのか?

 

一般的な化粧品に含まれる美容成分は、肌の角質層までしか浸透せずに、真皮層まで届くことはありません。

 

肌にはバリア機能やラメラ構造になっているために、水溶性や油溶性のどちらかの性質では、そこを通過することができずに、角質層で止まってしまいます。

 

そのため、イオン導入ができる美顔器を使用して、肌の奥深くまで美容成分を届ける必要があります。

 

ビタミンCが真皮層に届くことで、コラーゲンやエラスチンの産生を促進し、ターンオーバーも促進すること効果が。

 

さらにビタミンCには、皮脂分泌量抑制効果もあるので、毛穴の皮脂腺から過剰に分泌される皮脂量を少なくする効果もあります。

 

これらの効果が、加齢に伴い発生する年齢肌の様々な悩みやトラブル、たるみ毛穴の原因に直接作用して、非常に優れた効果を発揮しますが、正直毎日イオン導入を行うのは面倒ですよね?

 

APPSのビタミンC誘導体なら、ハンドプレスで真皮層に到達する

 

そこでおすすめしたいのが、最新の高浸透型ビタミンC誘導体であるAPPS(アプレシエ)。

 

このAPPSという美容成分は、水溶性と油溶性の両方の性質を持っているので、ハンドプレスだけで真皮層まで到達する美容成分。

 

だから、コラーゲンやエラスチンの産生力を高め、肌のハリや弾力を回復し、内側から盛り上げてくれる効果が。

 

さらに促進されたターンオーバーのおかげで、どんどん新しい肌に生まれ変わり、毛穴に詰まった角栓も排出し、皮脂分泌量を抑制することで、角栓もできにくい状態に。

 

これだけ優れた効果を実感できるのは、APPSだけの効果なので、たるみ毛穴や毛穴の開きを改善したいのなら、高浸透型ビタミンC誘導体配合化粧水がおすすめ。

 

実際に私も普段から、APPS配合化粧水を使用していますが、その効果は本当に高く、特に紫外線が強く、汗をかきやすい今の時期にはピッタリ。

 

ビタミンC誘導体には、美白効果があることもわかっていますので、シミやシワのだけではなく、シミやそばかすの改善や抑制にも役立ちます。

 

夏だけでもAPPS配合化粧水を使用すると、秋以降の肌ダメージを抑制してくれる効果も期待できますので、本当にオススメですよ。

 

毛穴の開きに効果的な化粧水ランキング!化粧水選びで目立つ毛穴が変わる

 

実際に私の使用している化粧水の情報や、毛穴トラブルに関する様々な情報をまとめた記事がありますので、ぜひ読んでみてください。