2017年の紫外線対策として、飲む日焼け止めサプリメントは効果的なのでしょうか?

 

紫外線量や直接紫外線に当たらないタイミングや時期でも、飲む日焼け止めサプリメントを飲んでいると効果的だと言われる理由は?

 

実際に国産のサプリメントが良いのか?それともヘリオケアのような海外製の物が良いのか、気になる商品の内側を徹底検証します。

 

2017年の紫外線対策に飲む日焼け止めサプリメントは効果的?

 

飲む日焼け止めサプリメントと言えば、2016年に日本でも本格的に解禁されたばかりのまだまだ新しい紫外線対策グッズ。

 

だからまだ一度も飲んだことがない人や、本当に効果的で安全なの?とその効果や危険性について、警戒している人が多いのも実際の話だと思います。

 

飲む日焼け止めサプリメントの効果の有無だけをお話すれば、それは非常に効果的で海外では多くの人が愛用していますし、臨床実験でもその効果が立証されています。

 

ただ日本人が飲む場合には、海外製のものよりも日本人向けにアレンジされた商品の方が、より優れた効果を実感できるでしょう。

 

その点は間違えない方が良いと思いますし、より安全性の高い国産の飲む日焼け止めサプリメントを選ぶことが大切。

 

飲む日焼け止めサプリメントは、春先の紫外線量の多い時期だけではない。

 

これは多くの人が間違えていることなのですが、紫外線にはUVAとUVBというふたつのパターンが有り、春先から夏にかけて増えるのがUVBというもの。

 

UVBは肌表面にしか浸透せず、メラニンの生成を促進しますので、見た目にも分かりますし、皮が向けたりなどのダメージが出ます。

 

しかし、UVAは真皮層まで浸透し、線維芽細胞にダメージを与え、コラーゲンやエラスチンの産生を阻害し、年齢肌の悩みを生む原因に。

 

しかもUVAはUVBと異なり、比較的1年中多く降り注いでおり、直接紫外線を浴びないような室内にいても、どんどん真皮層にダメージを与えてしまうんです。

 

だから普段から紫外線対策をしているような人でも、自宅にいる際に気を抜いていると、そのタイミングでどんどんダメージを蓄積してしまう結果に。

 

それが原因で、光老化の減少が起こり、年齢肌の悩みが増えてしまいます。

 

2017年以降の紫外線対策は、飲む日焼け止めサプリメントが基本!

 

こういった状況に加え、飲む日焼け止めサプリメントにしかできない日焼け対策もあります。

 

それが目から入ってくる紫外線対策。

 

実は人間の目の虹彩に炎症が起こると脳の視床下部が、メラニン生成の指示を出し、全身でメラニンを生み出すことが研究でもわかっています。

 

しかし塗る日焼け止めを目に塗ることは出来ませんし、室内でもサングラスをし続けるのも難しい話ですよね?

 

だからこそ飲む日焼け止めサプリメントが効果的。

 

しかも飲む日焼け止めサプリメントは、日焼け予防に使えるだけではなく、非常に優れた抗酸化作用を発揮することで、日焼け後のスキンケアにも役立つんです。

 

炎症を起こして赤くなってしまったり、紫外線によるダメージで発生した活性酸素を除去したりと、本当に様々な場面でその効果を発揮して、日焼け後のスキンケア力を高めてくれます。

 

海外では、セレブや芸能人、モデルさんが当然のように飲む日焼け止めサプリメントを使って、抗酸化作用を高めていますので、その効果もお墨付き。

 

実際に日本人の私たちがどんな飲む日焼け止めサプリメントを選ぶべきか、そのメリットやデメリットなどをまとめた記事がありますので、読んでみてください。

 

飲む日焼け止めサプリメントランキング、紫外線対策の人気商品は?

 

2017年以降の紫外線対策に、飲む日焼け止めサプリメントがどれだけ効果的なのか、その理由がよくわかると思いますよ。