最近話題の飲む日焼け止めサプリメントには、副作用はなく安全に紫外線対策ができるのでしょうか?

 

紫外線が気になる真夏が近づいてきましたので、飲む日焼け止めの安全性について参考になる情報を紹介します。

 

飲む日焼け止めが危険だという人もいますが、実際に配合されている成分をチェックしてみると、実際の効果がわかりますよ。

 

飲む日焼け止めサプリメントには副作用があるって本当なの?

 

最近メディアでも話題の飲む日焼け止めのサプリメントですが、一般的な人の持つイメージは、科学的に合成された成分で、無理やり紫外線をカットしているのではないか?というもの。

 

しかし、実際には国産の飲む日焼け止めサプリメントは、そのほとんどが完全な100%天然成分か、天然成分を主成分にしたものばかり。

 

科学的に強引に紫外線をカットするのではなく、抗酸化作用に優れた成分を継続摂取することで、抗酸化力を高め、紫外線によるダメージを受けにくくするものなんです。

 

だから、飲む日焼け止めサプリメント=危険性が高く副作用があるものというのは、大きな間違い。

 

基本的に植物由来の天然成分ばかりなので、日焼け後の肌にも効果的に作用する安全性の高いものですが、一部の原材料を使用しているものには、副作用の報告もあります。

 

外国産のPLエキス配合の飲む日焼け止めサプリメントは副作用の可能性も

PLエキスという医薬品にも使われているシダ植物の主要成分である、ポリポディウムリュウコトモスとも呼ばれ、アレルギー反応を引き起こす副作用が報告されています。

 

このPLエキスは、ガンなどの悪性腫瘍の治療にも使われる成分で、ここ数年、飲む日焼け止めサプリメントにも採用されている成分。

 

市販されている商品では、国産のnoUV(ノーブ)、海外製品ならヘリオケアに配合されています。

 

PLエキスの効果は、抗酸化作用・免疫防御作用・DNA保護作用・皮膚構造維持作用という4つのものがありますが、高いアレルギー性があり、発疹や花粉症などを引き起こす可能性もわかっています。

 

効果が高いので、おすすめしたい飲む日焼け止めサプリメントの成分ですが、将来的なアレルギー症状を引き起こすリスクもありますので、個人的には控えたい成分。

 

飲む日焼け止めサプリメントの成分には、PLエキス以外にも有効的な成分が多数ありますので、個人的には他のものの方が安全だと思います。

 

飲む日焼け止めサプリメントは、妊婦さんや授乳中、4歳未満は禁忌

 

ここも最初に理解しておいた方が良いと思いますが、100%天然由来成分の飲む日焼け止めサプリメントでも、妊娠中の妊婦さん、授乳中のお母さんは控えるべき。

 

特にニュートロックスサンはローズマリーの効果で、子宮に直接作用し、流産のリスクも考えられるものなので、塗る日焼け止めをおすすめします。

 

それと4歳未満の子供は、まだまだ内臓機能が成長段階にあるので、飲む日焼け止めサプリメントではなく、塗る日焼け止めの方が安全です。

 

このあたりのことだけ気をつけると、飲む日焼け止めサプリメントは本当に効果的に紫外線対策に活用できるもの。

 

特に目から入る紫外線にも、効果的に対策できることもわかっていますので、2017年以降の紫外線対策に活用すべき。

 

特に夏の紫外線対策、1年中降り注ぐUVA対策に飲む日焼け止めサプリメントは非常に優れた効果を発揮してくれますので、本当におすすめですよ。

 

実際の効果も臨床実験で確認されていますので、本当に優れた抗酸化力を発揮してくれます。

 

飲む日焼け止めサプリメントランキング、紫外線対策の人気商品は?

 

実際にどのような商品を選ぶと飲む日焼け止めサプリメントの効果を実感できるのか、その情報をまとめた記事がありますので、ぜひ読んでみてください。