毛孔性苔癬や二の腕のぶつぶつをクリニックに行かずに、早期改善する治療方法があるのでしょうか?

 

確かにクリニックでレーザー治療やダーマローラーを使うことで、高額な費用がかかりますが、改善できる人もいます。

 

しかしそこまで高額な費用をかけずに、痛みもなく自宅でできる毛孔性苔癬の治療法があるので、それを紹介します。

 

クリニックで行う毛孔性苔癬のレーザー治療はかなり高額!

 

毛孔性苔癬や二の腕のぶつぶつをクリニックで治療したいと考える人も増えてきましたが、その際にネックになるのは高額な治療費。

 

1回のレーザーの治療費自体はそこまで高くないもののそれでも2〜5万円、それを複数回。

 

多くのクリニックでは4回パックがありますが、15万〜30万円ほど費用がかかり、範囲が広くなればなるほど、より高額な治療費が必要になります。

 

ダーマローラーを使えば、1回で15万円程、それを3回〜4回行えば45〜60万円もの費用が必要になるなど、かなりお財布へのダメージが大きんいんです。

 

確かに治療前後の違いを見れば、効果があるように思えますが、そこまでの費用をかける必要があるのか?

 

本当にそこまでキレイになるのかなど、私は実際の治療に関する疑問があります。

 

なぜか、私はクリニックに行かずに、毛孔性苔癬の症状を改善できたから。

 

毛孔性苔癬の原因から効果的な治療方法を考える

 

毛孔性苔癬の原因って、何か知っていますか?

 

毛穴に詰まった角質がぶつぶつした丘疹(きゅうしん)になったもので、触るとぶつぶつしていたり、ザラザラしていたり、見た目にも赤色や褐色系で目立ちます。

 

つまり古い角質をしっかり除去して、ターンオーバーを正常化することができれば、自然と毛孔性苔癬の症状も改善するはず。

 

毛孔性苔癬は一般的な皮膚疾患であることと、放置してもそこまで健康上の問題にならないことで、皮膚科でも積極的な治療が行われなかった症状です。

 

でもこれからの時期には、肌の露出も増えるので、見た目にも気になりますし、手触りも悪いので、どうにかしたいですよね?

 

だからクリニックで、しっかり治療するというものわかります。

 

でも総額30〜60万円を将来的に自然治癒する症状に支払うのってどう思いますか?

 

私はそれがもったいないと考え、自宅でもできる治療法を探しました。

 

毛孔性苔癬はクリニックに行かなくとも、自宅でも治療できる

 

最終的にどうなったか?

 

私の場合、自宅でできる専用のクリームを使って治療をしただけで、毛孔性苔癬の症状を改善することができました。

 

実際にかかった費用は、3万円弱。

 

約半年間という期間でかなりキレイに改善しました。

 

どんな方法を使ったかと言えば、ピュアルピエの「ツルツル二の腕コース」で半年間、集中治療しました。

 

半年は長いですか?ダーマローラーは1回やると間隔を6〜8週間開ける必要があるので、6週間でも6ヶ月、8週間なら8ヶ月かかります。

 

そう考えると早期改善する方法だと思いませんか?

 

しかも自宅でできるので誰にも知られることもないし、今から始めれば夏になる頃には、ある程度改善した状態で二の腕を出すことができます。

 

もしあなたが本気で二の腕のぶつぶつや毛孔性苔癬を改善したいのなら、私の実績があるピュアルピエを試してみることをおすすめします。

 

ピュアルピエの情報や、私の使用感、二の腕のぶつぶつの原因や対策、改善方法などをまとめた記事がありますので、ぜひ読んでみてください。

 

二の腕ぶつぶつや毛孔性苔癬を治す方法とおすすめの薬ランキング

 

これで高額な費用負担に悩んでいるあなたでも、比較的安い値段で毛孔性苔癬や二の腕のぶつぶつを改善することができますよ。