TCNのストロングマヌカハニーって何が凄いの?

 

って、実際の効果がどうなのか、すごく気になっていませんか。

 

株式会社TCNのストロングマヌカハニーは活性強度の数値が1100とか言われているけど、実際にどうすごいのか。

 

ストロングマヌカハニーの実際の効果や効能がどうなのかを、徹底検証します。

TCNのストロングマヌカハニーは、世界最高濃度だった!

 

スーパーフードとも呼ばれ、ここ数年日本でも愛用者がどんどん増えているマヌカハニー。

 

その中でも活性強度が1100と言われるストロングマヌカハニーは、他のマヌカハニーと何が違うのか?

 

まずマヌカハニーの活性強度を示す指標のひとつに、UMFという基準があります。

 

一般的にUMF10+以上のマヌカハニーは全生産量の20%前後と言われており、UMF25+以上になると、1%以下とも言われています。

 

ストロングマヌカハニーはUMF39+、この時点でどれだけ濃度が高いのか分かりますが、このUMFという基準は、医療用の消毒液(フェノール水溶液)との対比で決定します。

 

ちなみに医療用のフェノール水溶液は、2〜5%が医療現場で使われているもので、UMF換算で言えばUMF2+〜UMF5+というレベル。

 

消毒液を飲む訳にはいきませんが、マヌカハニーはそれ以上の殺菌力を体内で発揮してくれます。

 

UMF10+なら10%濃度、UMF20+なら20%濃度、UMF39+は39%濃度のフェノール水溶液と同じ殺菌力。

 

 

ストロングマヌカハニーには、どれだけ強い殺菌力や抗菌作用があるのかが、わかると思います。

 

だからこそ、ピロリ菌をはじめとする様々な病原菌や悪玉菌を効果的に殺菌して、健康や美容に役立つ効果を実感できるんです。

マヌカハニーの人気商品やおすすめ商品をランキング形式で紹介しています。

 

マヌカハニー人気ランキング!ハチミツと違う効果や効能が凄いんです

 

さらにマヌカハニーの効果や効能もまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。