girl-341171_640 (1)

>>高反発マットレス徹底比較ランキングを今すぐにチェックする!

高反発マットレスと低反発マットレス!
最近、テレビやメディアでもそれぞれの良さを追求し、
より質の高い睡眠を得る為の方法が紹介されています。

 

人間は人生の3分の1を寝て過ごすのに何も考えずに、
寝具を選んでいる人が多いのが現実ではないですか?

 

そこであなたの睡眠を最も改善してくれるであろう
高反発マットレス」について紹介します。

 

でもその前に…

 

  • 高反発マットレスとは?
  • 高反発マットレスのメリットとデメリット
  • 高反発マットレスをオススメしたい人

 

基本知識を抑えた上で、なぜ高反発マットレスが良いのか?
腰痛や不眠に悩む人におすすめの高反発マットレスはどれか?
などわかりやすく紹介していきますね。

 

高反発マットレスを使うと夜寝るのが楽しみになりますので、
ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

>>その前に、高反発マットレス・ベスト3を見てから読むという方はこちら!

高反発マットレスとは?

girl-302732_640 (1)
高反発マットレスという名前を聞くと、硬いとか寝心地悪そうとか
そんな印象を持つ方がいるかもしれませんが、それは大きな誤解です。
高反発マットレスとは硬さではなくあくまでも反発力の話です。

 

とは言え、低反発マットレスのような沈み込むような包み込まれるような
感覚で寝ることが出来ませんが、それが実は体には重要なことなんです。

 

低反発マットレスで寝ていると疲れが取れる感覚がありますが、
実はその寝心地の良さが肩こりや腰痛の原因になっているとしたら、
あなたはそれでも低反発マットレスを選びますか?

 

実は柔らかすぎる寝具で寝ていると睡眠時の体圧が分散されずに、
体は常に歪んだ状態で寝ているために、余計なストレスが掛かってしまい、
筋肉をしっかり休めることが出来ないんです。

 

その結果、腰痛や肩こり、寝たのになぜかスッキリしないという。
そんな状態に陥ってしまうんです。

 

しかし高反発マットレスの場合、体が沈み込まない代わりに、
睡眠時の体圧をしっかり分散でき、腰や肩への負担が非常に少なく、
理想的な睡眠姿勢を取ることができるので、筋肉を休ませることが
出来るんです。

 

更に寝返りをする際にも高反発マットレスの反発力がサポートしてくれ、
さほど筋力を使わずに自然な寝返りを行うことができます。

 

この様に高反発マットレスには低反発マットレスにはないメリットが
多数ありますので、より質の高い睡眠を求める人が高反発マットレスを
選ぶ
傾向があるんです。

高反発マットレスのメリットとデメリット

girl-1329564_640
高反発マットレスの事はなんとなくわかったけど、どんなメリットや
デメリットも気になると思いますので、簡単にメリットとデメリットを
紹介しますので、参考にしてみてください。

高反発マットレスのメリットとは

  • 反発力があるので、腰痛や肩こり対策に効果的
  • 耐久性が高く、マットレスの寿命が長い
  • 通気性が良く、夏でも蒸れにくい設計
  • 復元力が高く、変形しにくい
  • プロスポーツ選手に愛用者が多い
  • 折りたたみができるタイプもある
  • 睡眠時の体圧分散に優れている
高反発マットレスのデメリットとは
  • 商品によっては比較的高額になってしまう
  • 若干硬めなので、寝心地が良くないと感じる人もいる
  • 通気性の良さで冬に寒さを感じることもある
  • 重量や厚みがある商品もあり、メンテが大変
  • 水洗いできない商品がほとんど
  • 折りたたみができないものが多い
  • 低反発マットレスよりも商品が少ない

 

>>高反発マットレスに興味が出たので、今すぐ徹底比較ランキングを見る方はこちら!

高反発マットレスをオススメしたい人

girl-1364005_640

 

高反発マットレスは睡眠時の寝姿勢を負担のない形に維持することで、
様々なメリットが有りますので、睡眠に関する様々な不安や不調がある人
ぜひ試してもらいたいです。

腰痛が悪化したり、腰痛に悩んでいる人

普段使っているベッドやマットレスで腰痛が悪化した経験があったり、
腰痛がひどく寝ることに対して不安がある人には高反発マットレスを
ぜひ試してもらいたいです。

 

腰痛に悩んでいる人が低反発マットレスを選ぶのは大きな間違いです。
理想的な寝姿勢を維持できない低反発マットレスで腰痛が悪化するのは、
当然の結果なのです。

 

横になっている時に無理に姿勢を維持しようと常に筋肉が緊張状態で、
そのまま朝を迎える。そんな日々を繰り返しているので、どんどん負担が
腰の弱い部分にかかりそれで腰痛が悪化します。

 

腰痛だけはなく、肩こりも一緒です。
寝ても疲れが取れない、寝起きのだるさが常に付きまとっている人も
高反発マットレスを使うことで改善される可能性が高いです。

妊娠中・産後の腰痛に悩んでいる人

お腹が大きくなると徐々に姿勢が変化しますよね?
重いお腹を支えるために、背中を反る体勢でいる時間が長くなったり、
逆に猫背になってしまう人もいるんです。

 

更に寝ている時に腰に負担がかかりやすくなっているんです。
妊娠前に比べると体の全てのバランスが大きく変わってしまうので、
それにうまく対応できない人もいます。

 

特に睡眠時の腰の部分には、非常に大きな体圧がかかるようになり、
寝返りすら上手く行えずに寝返りの度に目覚めてしまう人もいるくらい
大変なものなんです。

 

同様に産後は、育児で小さなお子さんを抱っこしたり、おんぶしたり、
これまた腰に負担がかかることが多いのが育児なんです。

 

そんな腰の負担や体圧分散に優れているのが高反発マットレスなんです。
だから妊娠中のママや産後の腰痛改善に高反発マットレスを選ぶ人が多い
というのが実情です。

 

多くの人が高反発マットレスを愛用して快適な睡眠を手に入れています。

何年も同じベッドやマットレスを使っている人

マットレスにも寿命があります。5年も使えばほとんどのマットレスが、
購入時の反発力もなく、劣化して睡眠の質が下がってしまいます。

 

しかし大きなマットレスを買い換えるタイミングってなかなかないと
時期を伺っている人もいると思いますが、劣化したマットレスを使うと
単に睡眠の質が低下するだけではありません。

 

実は古いマットレスにはカビやダニが発生することで、健康被害に
繋がる可能性すらある
んです。

 

特に小さなお子さんの場合は、寝具が原因で喘息になってしまう。
という子もいるくらいなので、高い買い物だったからと10年以上も同じ
ベッドやマットレスを使い続けるのは逆効果です。

 

最近の高反発マットレスは随分低価格で購入でき、海外メーカーの
数十万円クラス以上の睡眠の質を得られるものも増えていますので、
劣化したマットレスは買い換えることをおすすめします。

 

おすすめ高反発マットレス徹底比較ランキング

高反発マットレスの中でも、体圧分散と適度な硬さで寝心地が良く、
普段の使い勝手も良く値段も手頃であること
を基準に私が使った評価と
他の方の口コミを参考に高反発マットレスを選んでみました。

 

i_rank1_3

エアウィーヴ (株式会社エアウィーヴ)

airweave

出典:http://airweave.jp/

高反発マットレス徹底比較ランキングの3位は、
株式会社エアウィーヴのエアウィーヴです。

エアウィーヴの特徴

エアウィーヴの一番の特徴はairfiberで出来ているので、
マットレスなのに水洗いできるという点です。

 

どんなに良いマットレスでも汚れやカビ、ダニ問題は
ついてまわりますが、エアウィーヴのairfiberは水洗い対応。
だから高反発マットレスで唯一洗えるというのは安心です。

 

それに外カバーを使い分けることで冬と夏の温度差にも
しっかり対応してくれるのは、凄くありがたいです。

 

それでも暑い人には、クール2パッドもあるので、
睡眠時の温度対策も自然な感じでできるので嬉しいです。

 

体圧分散、復元性のどちらをとってもさすがエアウィーヴ。
という感じで、質の高い眠りに包まれるので、翌朝の目覚めは
非常に良い物に変わります。

エアウィーヴの注意点

エアウィーヴは凄く良い高反発マットレスなんですけど、
個人的に気になる点が2つほどあります。

 

1つ目は、マットレスパッドであること。
これはベッドのマットレスや敷ふとんの上に載せて使用するので、
寝返りがひどかったりするとずれる可能性があるんです。

 

ベッドマットレスタイプもありますが、値段が高すぎます。
*シングルサイズの値段は116640円(税込)

 

2つ目は、やはりその値段です。
マットレスパッドでもシングルで75600円(税込)もするので、
非常に値段が高いんです。

 

そして重さが7Kgともし布団で寝ている人の場合には、
毎日の上げ下ろしで腰痛になってしまう可能性もあるなど、
少し注意が必要なんです。

 

総合的に考えると効果は高いですが、デメリットも多いので、
残念ながら、3位決定
です。

 

 

i_rank1_12

13層やすらぎマットレス (株式会社イッティ)

ichiban-boshi

出典:http://ichiban-boshi.com/

高反発マットレス徹底比較ランキングの2位は、
株式会社イッティの13層やすらぎマットレスです。

13層やすらぎマットレスの特徴

13層やすらぎマットレスの一番の特徴は27cmもある厚みです。
この厚みは市販されている高反発マットレスの中でも随一。

 

名前の通り13層もの構造になっているので、体圧分散効果も、
高反発効果もしっかりと実感
することができます。

 

その特徴的な厚みで様々なメディアで特集が組まれるなど、
注目が集まっていた商品なので私も寝るのが楽しみでした。

 

フカフカした感じなのにしっかり体を支えてくれます。
仰向けでも、横向きでも、うつ伏せでも全然気にならない。
調度よい姿勢を維持してくれるので、常に爆睡出来ました。

 

デスクワークなので腰痛が酷かったんですが、これを使ってから、
腰痛が気にならなくなったんです。まさに効果が高い!

 

安心の完全国産だし、防ダニ効果もしっかりしているので、
水洗い出来なくても衛生面の不安はなさそうです。

 

しかもこれだけ厚いのに、通気性が高くて寝心地が抜群。
通気口が本当に効果的に熱を逃がしてくれているのがわかります。

13層やすらぎマットレスの注意点

13層やすらぎマットレスの一番の注意点は、サイズと重さです。
31cmもある厚みはワンルームでは非常に圧迫感を感じますし、
その重さがメンテナンスの際に邪魔をします。

 

これは13層もある構造なのでしかたがないことですが、
個人的に寝心地が良くとも、引っ越しや模様替えの際には、
かなりストレスになると思います。

 

私もメンテの度に持ち上げるのですが、重たいんです。
3ヶ月に1度でも良いと書かれていますが、メンテの頻度が
長持ちの秘訣なので、裏返すのに大変な苦労をしていますし、
それよりも通気のために立てかけるのも大変です。

 

最初は室内の所定の場所まで運んでくれたので良かったのですが、
このメンテナンス性の低さ(特に女性の場合)は辛いです。

 

特に腰痛持ちの一人暮らしには、大変です。
その点を加味して残念ながら2位確定です。

 

旦那さんや優しい彼氏がいる人、引っ越しの予定がない人には、
それでもお勧めだと思います。

 

 

i_rank1_21

モットン (株式会社グリボー)

motton-japan

出典:http://smotton-japan.com/

高反発マットレス徹底比較ランキングの1位は、
株式会社グリボーのモットンです。

モットンの特徴

モットンの一番の特徴は、全額返金保証制度があるところです。
他のメーカーよりも長い90日間も使用した後での返品・返金に
対応
してくれるので、気軽に購入できます。

 

更に最もコスパに優れているのに、第3者機関の検査証が付随し、
製品の質の高さや安全性の高さを数値として確認できる
ことで、
どれだけ信頼ができる商品かを確認出来る点です。

 

  • ホルムアルデヒド含有量(5μg/g以下で乳幼児も安心)
  • 復元率(脅威の96%でへたりにくい)
  • 見掛け密度(30D以上とワンランク上の高密度)
  • 耐久試験(8万回使用で3.9%しかへたらない)

 

これらの検査をホーゲン(経済産業大臣認可の民間試験機関)
行っているので、間違いなく信頼できる商品です。

 

実際に使った感じは、反発力もしっかりあるし腰の沈み込みも
調度よい感じ。しかも寝返りが楽にできるので腰痛もだいぶラク
なりました。

 

腰痛改善効果も他の2つのマットレスよりもワンランク上かも。
10cmという厚さが、マットレスとしても床置きでも使えるので、
部屋のイメージに合わせて使い分けできます。

 

重さも4.5Kgなので、私でも十分に裏返せます。
そういったメンテナンス性の高さも重要なポイントです。

 

モットンの凄いところは、NASAが開発した素材を日本人に合わせ
加工しているという合わせ技。良い物はやはり良いということです。

 

そして高反発マットレスとしては異例の10万人以上の愛用者
既にいるという人気の高さも評価できる点です。

 

耐用年数が10年という他の高反発マットレスに比べても、
品質を長期にわたって維持できる高性能なところも嬉しいですし、
小さなお子さんでも使えるホルムアルデヒド検査にも合格している
安全性の高さは見逃せません。

モットンの注意点

モットンの全額返金保証制度は商品受け取り後90日なので、
その時期をしっかり覚えておく必要があるという点です。

 

これは90日間経過しないと返金請求出来ないということですので
その点だけ理解しておく必要があります。

 

もし合わないような場合でも、その期間はモットンを使い、
90日後から2週間以内に返金請求を行えば問題なく返金してもらう
事ができます。

 

実はモットンは、楽天・AMAZONでも買うことが出来ますが、
公式サイトで購入すると2万円引きのキャンペーンが行われている
ことが多いんです。

 

つまり同じ商品を買うのに、公式サイト経由なら2万円安く、
購入できることで、1日当たり10.7円のコストまで下がります。
これは非常にメリットが高いと思います。

 

だからモットンに興味がある人は、まず公式サイトをチェックして
キャンペーンの有無を確認したほうが良いと思います。

 

モットンが気になっていますぐにチェックしたいという人もいると
思いますので、下記に公式サイトを紹介しておきますね!



>>高反発マットレスのベストチョイスはモットンで間違いなし!

 

 

低反発マットレスとは?

sport-1087028_640
低反発マットレスとは、腰や肩にかかる体圧を分散することで、
体への負担を軽減して体全体を優しく包み込んでくれるので寝心地の良さが
人気のマットレスです。

 

適度な硬さで心地よいフィット感で硬すぎず、柔らかすぎず身体が馴染む。
そんな感覚がありつつも適度な弾力性と復元力で、身体げの負担を減らすことを
念頭に作られています。

 

高反発マットレスとの違いは、体圧を吸収するという考え方です。
衝撃も吸収してくれるので、体重の移動にも急激な揺れを感じること無く、
包み込まれるような寝心地で朝を迎えることができます。

低反発マットレスのメリットとデメリット

happiness-824419_640 (3)
低反発マットレスのメリットやデメリットを知ることでよりあなたに合った
寝具選びができると思います。

 

高反発マットレスと大きく違う寝心地も人によっては好みだと考える人も
多く人気の秘密だったりします。

低反発マットレスのメリットとは

 

・寝心地がすごく良い

寝心地の良さからどんな姿勢でも寝ることが出来るというのは、
非常にポイントが高いですが、その分沈み込む寝姿勢になるので、
身体がゆがんでしまう可能性もあります。

 

・手足がしびれにくい

体圧を吸収する低反発マットレスでは、体圧が集中することで起こる
手足のしびれを起こしにくいという特徴があります。

 

・寝返りの回数を抑え疲れにくい

寝返りは筋肉や骨の位置を調整する作用があるので、1晩20〜30回が
普通だと考えられています。体圧分散に優れた低反発マットレスの場合、
寝返りの回数を少なくすることができるので、疲れにくくなります。

低反発マットレスのデメリットとは

 

・通気性が良くない

低反発マットレスの場合、柔らかさを追求するために通気性が犠牲に
なっていますので、夏場は蒸れる可能性が高く、梅雨の湿気によるカビも
健康被害の原因になるので、日頃のメンテナンスが重要になります。

 

・耐久性が低い

復元力の低い低反発マットレスの場合、値段の安いものを買ってしまうと
すぐにヘタって逆に疲れてしまう原因にもなりかねません。

 

また体重の重たい人の場合には、良い商品でも一般的な人よりも短期間で
寿命を迎えてしまい、以前のような寝心地を得られない可能性もあるなど、
耐久性の高さは若干の問題点です。

 

・腰痛や肩こりの原因になる人もいる

柔らかすぎる低反発マットレスの場合、必要以上に身体が沈み込んでしまい
歪んだ寝姿勢になってしまう人もいます。歪んだ寝姿勢が何日も続くことで、
腰痛や肩こりの原因になる人もいます。

 

低反発マットレスで腰痛が悪化したり、肩こりがひどくなった人の場合は、
高反発マットレスの方が合っているということです。

 

今回は、高反発マットレスと低反発マットレスの違い
高反発マットレスのメリットやデメリット、オススメしたい人など
より質の高い睡眠を手に入れる方法を紹介してきました。

 

最近の高反発マットレスは値段もお手頃になってきましたし、
何よりもお試し期間のある商品も出てくるなど、購入時のリスクがない
商品もどんどん増えてきています。

 

人間は人生の3分の1を寝て過ごすと言われるくらい睡眠は重要な話なので、
この記事を機会にあなたの寝具選びについても考えてみてください。

 

あなたもこのランキングを参考に
あなたにぴったりな高反発マットレスを選んでください。