遺伝子組み換え技術が酵母に適応される可能性があるの?

girl-1012797_640

 

って凄く気になっていませんか。

 

遺伝子組み換えと言えば、じゃがいもや大豆など
食物を中心に行われて様々な不安を感じるものですが、
酵母にもそういった影響が出つつあります。

 

そこで酵母と遺伝子組み換えの関係について
少し考えてみたいと思います。

遺伝子組み換え技術が酵母に適応される!

portrait-1017026_640

 

この流れは基本的に止まりません。
現在でもパンを発行させる際に天然酵母とイーストを
使い分けています。

 

天然酵母とは、そのままで天然に存在する酵母です。
イーストとは、単一的な酵母菌を工業的に合理的に
生産します。

 

遺伝子組み換えまで行かないものの、人為的な手が
入っている
ということはわかると思います。

 

イーストが作られることで大量生産が可能になり、
今のように大量消費社会には合致しているわけです。
つまりより合理的なものを目指しています。

 

天然酵母で作るパンの場合は、経済性や生産性よりも
風味や安全性を追求するので製品作りに際して、
すべての原材料にも当然厳選吟味されているわけです。

 

だから天然酵母のものはより安心ですよね。
でも普段使いに買っているコンビニなどのパンは、
イーストが原材料なんです。

 

このような違いを更に追求した先にあるのが、
遺伝子組み換えの酵母です。

buddy-1058564_640

イーストよりも更に効果的に大量生産ができ、
企業はより安価に商品を作ることが出来ます。

 

この状態をどこまでに人が理解して、自分の好みに
合うものを選べているのか?というのは不安があります。
それでもこの流れは止まらないと思います。

 

酵母に健康効果を求める際には、天然酵母を
率先して選択する
ようにしてくださいね。

酵母や酵素について情報をまとめた記事がありますので、
ぜひ読んでみてください。

 

酵母酵素ダイエットの効果と人気のサプリランキングを紹介!

 

遺伝子組み換え技術はどんどん進化していますので、
酵母に関してもその流れは止まらないと思います。